あたしがいるのは深い森

江戸川ばた散歩

3.たいへんな事情。

がらがらがら。

「ぎゃ!」

その戸の端に頭をぶつけた。
勢いが良すぎて、力が入りすぎたのだ。戸車の調子が良すぎるのよ!

「何だ?」

高い、よく通る声の女教師が、あたしに鋭い声で問いかける。

「遅れましたあ。転入生の、森岡さつきですう」

あえて明るく言ってみせる。こうなったら笑いを取れ、だ。
あたたたたた。ぶつけたほっぺたを思わず手でさする。まったく、こんなとこあざになったらどうするのよ!
視界は見事に男ばかりだった。同じくらいの、短い頭の群れ!
坊主と言ってしまうにはちょっと長い。まあ慣れたけれど、やっぱり何か変。決まりなのかな。指ですいて、そこから毛が出たらだめ、とかさ。
今までも色んな学校を見たけれど、ここ程皆同じくらいの刈り込み方をしてるとこは見たことがない。
それでもって、やっぱり、だとは思うけど、こっちを見てびっくりしてる。
期待が半分裏切られた、と言うような。
そんなに珍しいかしらね。赤茶の髪は。
伸ばしているのに編んでもいない、あちこちが跳ね回っている、狼みたいな髪型は。
確かに今までの学校のどこでも見なかったけどね。あ、でもあの窓際の奴は結構長めだ。耳に髪を掛けてる。

「森岡、初日からずいぶんな時間だな」
「すみません、ちょっと途中で」
「まあいい、とにかく遅くなりはしたが、紹介せねばならん。来なさい」

女教師――― 戸の上の板には生田、と書いてあった――― は、仕方ないな、という口調で手招きする。

「えーと、その遅れた原因があるんですが」
「遅れた原因?」

あたしはぐい、と「原因」を引っ張った。やん、と「原因」はとっさに口にする。可愛らしい声だ。そのままぐい、と彼らの前に押し出す。

「人を捜してるんですって。えーと」

がたん、とその時席を立つ音がした。

のりちゃん!」

「原因」こと、今泉若葉いまいずみわかばは、立ち上がった男子生徒の一人に向かって、そう声を張り上げた。

「お前の知り合いか? 松崎規雄まつざきのりお
「は、はい」

ちょっと来い、と生田は松崎と呼ばれた生徒を手招きする。五分間自習してろ、と言い放つと、そのままあたし達は廊下へと出た。

「五分で話せる理由、か? 森岡さつき」
「あたしの方は話せますけどね」

首を少し傾けると、ざらりと後ろの長い髪が流れるのが判る。

「ここに来る道の途中でこのひとを拾ったんだけど、彼女の自転車がパンクしてたんで、直してたんです。でちょっと時間が。あ、ここに来たのは時間少し過ぎたくらいだったんですけど、自転車置き場に手間取って」
「なるほどそれは納得の行く説明だ。くどくどしいのに一分も掛からない」

妙な感心のされ方だ。
生田は腕を組むと、頭半分小さいあたしの顔をのぞき込む。

「おお、あざができてるぞ、森岡さつき。松崎、彼女達を保健室に連れていけ。伊庭先生に診てもらえ。そうしたらそのまましばらくついていろ」
「は、はい」

行こう、と松崎はあたし達をうながした。
生田は再び教室へと戻っていく。なるほど、この知り合い同士に話す時間を与えてくれたって訳ね。
無言のまま、あたし達は廊下を歩いていく。
木造の校舎は歩くたびにぎしぎしと音がする。
いつまで経っても慣れない音だ。こんなのであの教室の男子が走り回れば、ずいぶんうるさいだろう。や、うるさいどころか、踏み抜きはしないか?
それにしても長い廊下だ。
外側から見たところ、この校舎は二階建てだった。焼き板を張りつめたような外壁に、窓枠だけが白かった。
工法のせいか、上に伸ばせないなら、確かに廊下は長くなる。十ばかりの教室と特別教室を越えたところに、ようやく目指す保健室はあった。

「失礼します」
「失礼だったら来るなあ」

のんびりしたその声に、何だ何だ、とあたしと若葉は目を丸くした。首のあたりでふわふわした髪が妙に質量がありそうな白衣の女が、机に突っ伏している。

「今私は空腹でしかも疲れているのだよ。察してくれるなら君、その扉を閉じて、即刻教室に帰るがいい」
「お言葉ですが伊庭いば先生、患者です」
「何」

ぱっ、と松崎の言葉に伊庭と呼ばれた保健医は姿勢を正した。
同じ女教師でも、さっきの生田とはずいぶんと違う。顔もずいぶんと童顔だ。その上に黒ぶちの大きな眼鏡を掛けていて、似合うのか似合わないのか微妙なところだ。

「患者はどこだ?」

つかつかと近寄ってきた伊庭は、あたし達の前まで来ると、三人の顔を交互に見渡した。小柄だ。見渡す顔が心持ち上向きになっている。

「あ、あたしですが」
「君か? おお、ずいぶんと赤い髪! これはここでは直せないぞ」
「違いますって、さっき戸に顔をぶつけて」

そうなのだ。さっきはあえて笑いにしようと思ったが、実は結構痛かった。

「あざになってませんか?」

湿布をしてくれる彼女に問いかける。

「あざ? あざの一つ二つは学生の勲章だ」
「あたし女の子なんですよっ」
「お?」

そしてあらためて、彼女はまじまじとあたしの顔と、その下へと視線を這わす。

「そう言えば、その胸の膨らみは女だな。と言うと、君が噂の越境生か」
「噂ですか?」
「そうだろう?」

今度は黙って様子を見ていた松崎にふった。
松崎はああ、とかええ、とかあいまいな発音を返す。心ここにあらず、という感じだ。それとも若葉の出現がそんなに驚きだったのか。

「で、こっちの君もよく見れば女だな。越境生は実は二人だったのか? それとも君が分裂したのか?」
「違います!」

どういう反応だ、と返す言葉を見失ってたら、若葉が口をはさんだ。

「じゃあ何だ。君は部外者か。部外者が高等学校に足を踏み入れるのは基本的にはまずいのだぞ」
「え……」

あたし達は顔を見合わせる。そう言えばそうだったような、気がする。
だけど彼女の用事は、ここに通う幼なじみにあった訳だから、仕方がない。人を捜すなら、人の集まっているところの方が都合がいい。
ミキさんはそう教えてくれた。

「でもまあ、生田が君等をここによこしたなら、事情があるのだろう。ま、しばし居るがいい。松崎は―――」
「あ…… 俺は」
「松崎くんに用があるんですよ、この子は! ねっ!」

ここぞとばかりにあたしは声を張り上げた。

「用…… って」

松崎は戸惑う。

「あたしが知るものか! 直接聞きなよ」

ほらちゃんと相手の方向く、とあたしは彼の肩をぐい、と掴んで若葉の方を向かす。

「えー…… と。なあ、何があったんだよ、若葉…… 兄貴か? 兄貴に何かあったのか?」
雄生ゆうせいさん」

その名前はどうも彼女の涙腺を刺激したらしい。大きな目に、じわ、と涙がたまった。みるみる間にその涙は大きな粒になって、ぽろぽろとその頬を転がり落ちる。

「お、おい若葉」
「規ちゃん…… 雄生さんが……」
「本当に、兄貴に何かあったって言うのか?!」

彼女は首を横に振る。

「ううん違うの」
「じゃ」

少しばかり松崎は安心したように息をつく。
だが甘かった。

「雄生さんだけじゃないの。村が」

村が?
思わずあたしは身を乗り出した。

「雄生さんだけじゃないの。村のみんなが、消えちゃったの」

ああ! とあたしは思わず右目の下がびく、と震えるのを感じた。

「あたしがいるのは深い森」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く