あたしがいるのは深い森

江戸川ばた散歩

1.何がいけないって、アスファルトが黒いのがいけないのよ。

「おんや?」

思わず声に出してしまったではないの。
自転車を止める。ブレーキを握ると、きぃ、と甲高い音がする。そろそろ油させって悲鳴を上げてる。
足を下ろすと、じりじりと道路から熱が上がってくる。
何がいけないって、アスファルトが黒いのがいけないのよ。
思わず八つ当たりしてみる。
何だっけ、黒は確か、熱を吸収する色だったっけ。でも白は紫外線を通すから日焼けを防げないんだっけ。
視線の先には、久々の人影。
割れた道路の端に自転車を立てて、縁石に座り込み、うつむいてる。
何のへんてつもない、白の木綿の開襟半袖。長い三つ編みが肩からずるりと落ちた。
女の子だよな。女の子だから三つ編みってのは納得いかないんだけどさ。
自転車のスタンドを立てて、あたしはそろそろと女の子に近づいて行く。あんな首すじ丸出しってのは良くないよ。
のぞきこむ。げ。
思わず口に手を当てる。寝てるよ、このひと。
こりゃあかんわ。こんなとこで寝てちゃ、絶対日射病や熱射病になるわ。

「ねえ」

そっと手を伸ばす。肩に手をやる。動かない。やべ。本当にこりゃまずいんじゃないかい?

「ねえねえねえねえねえねえねえ」

ゆさゆさ。
ぱっ、と女の子は顔を上げた。眼を見開く。あ、結構可愛い。数秒、見つめ合う。あ、目でかい。
そして次の瞬間。

「あああああなたなに、だれ、だぁ? れ?」

何って大きな声。思わず肩をすくめる。えーと。あたしは眉を寄せる。誰はいいけど何はないでしょ。
えーとえーと、と向こうも、突如自分を揺さぶっている奴に、何が何だか訳わからなくなってるらしい。

「あたしはただの通りすがりだけど。 あんたね、こんなとこで寝てると、肌焼けるよ」

はっ、と顔に手を当てる。彼女は上目づかいに軽くあたしをにらみつけると、くやしそうにこう付け加える。

「夏は焼けるものよ」

それはそうだけどさ。確かにくっきりと、腕に半袖の線ついてるし。

「んー…… じゃ、そうじゃなくてさ。こんなとこで寝てると、熱中症になるよ」
「私の勝手よ」
「ふうん」

ちら、と彼女のそばに立てられている自転車を見る。
何かずいぶんごつい車体だった。少なくともあたしの知ってる女の子仕様じゃない。
だってこんな、でかくてごつくておまけに後ろの荷台が広くて四角い。
こうゆうのは、仕事に使うもんよ。物を乗せるためのものだもの。
くくりつけてある黒いゴムは、きっと元はチューブだったシロモノ。荷物の滑り止めにつけてあるのよね。
そりゃこの時代だし。女の子だって自転車を乗り回して仕事することはある。当然だ。
だけどこれはどう見ても、大の大人の男が運転するような奴だよね。
だいたい車体の色が濃いめのカーキだなんて、渋すぎだっていうの。
ふと心当たりがあって、その下に目をやる。
……はいはいはいはい。

「何すんの!」

よいしょ、と後輪を持ち上げ、スタンドをがちゃ、と上げてみる。う、重い。
後輪を下ろす。ぺしゃん。

「やっぱり」

あ、と彼女の口が大きく開く。

「パンクしたんだよね」

そしてがっくりと肩を落とした。
ついでに三つ編みもぽろんとひざに落ちた。ふうん。綺麗な髪だ。黒くて、まっすぐで、つやつやとしてる。
あたしの髪とは大違いだ。

「直してあげよか?」

ぱっ、と彼女は顔を上げた。できるの? とお願い、が入り交じった視線を添えて。

「ただし」

眉がちょっと寄せられる。

「名前を教えてね」

は、と彼女は今度は目をぱちぱちとさせる。けっこう表情が豊かだ。

「わ、私の?」
「他に誰がいるの?」

それはそうだわ、と彼女は左の頬に指を当てる。

「若葉。今泉若葉というの」
「あらさわやかさん。あたしは、森岡さつき」

          

「あたしがいるのは深い森」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く