あたしがいるのは深い森

江戸川ばた散歩

はじまりはアイスクリーム。

「アイスクリーム?」

彼は口をゆがめた。

「何だって君、まあそんな」

呆れてる。

「何だっていいじゃない」

あたしは言い返した。

「だって、あなたいつも言ってるじゃない。終わったら何でも『ごほうび』で好きなものを一つあげるって」

嘘はいけないのよ嘘は。

「だからってね君…… アイスクリームはないだろう?」

ほらほら、そうやって眉間にシワを寄せるとどんどん老け込むのよ。ただでさえ、おっさんなのにさ。

「いーじゃないの。あたしはそれが欲しいのだもん」

そういう態度を取ると、こっちもむきになるからね。

「それも一種類じゃないんだから。そう、基本はバニラよね。一口食べると甘味が舌にふわーっと広がってそれだけですごいシアワセ感じるようなの。それにチョコ。あ、それともチョコチップがいいかな。全部チョコでチョコな、チョコクリームがいいかな。それとそーよね。これははずせないわ、ラムレーズン。絶対それよ。それがいいの。それにして。三種類よ。基本はバニラ。それにチョコチップとラムレーズン。絶対よ。約束。しないとあたしは動かないから」

あたしは一気にまくしたてた。

「君はねえ……」

彼はふう、とあきれたようにため息をついた。

「どぉ?」

ぐい、とあたしは相手に迫る。
判ったよ、と彼は苦笑いを返した。

「あたしがいるのは深い森」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く