異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー

kai

暇つぶし4



王様やシルと食事をしたときの話


王様「どうだ料理の味は?」

翠「とても美味しいです!」

王様「そうか。それは良かった!」

翠「特にこの料理、肉を焼いてタレをつけたローストビーフみたいでとても美味しいです。」

王様「ローストビーフ?がなにかはわからんがそれはミークというこの国の名物だ!」

翠「へぇーそうなんですか!」

シル「私もそれ好きですよ!」  

翠「シルも好きなの?」  

シル「はい!」 

シル「これも美味しいので食べてみてください!」

といい、シルが翠に近寄っていきいわゆるあ〜んというものをしようとした。
だが翠が、

翠「いやシル、自分で食べられるから大丈夫だよ///」

と翠は焦りながら答えたが、

シル「いいから、食べてください」

翠「いや、でも、、、」

シル「この状態私も恥ずかしいんですからね///?」

翠「はぁ〜、、、わかったよ」

シル「あ〜ん///」

照れながら翠の口に料理を運んだ。
翠も照れながら

翠「、、あ、あ〜ん///」

と口を開ける。

シル「どうですか、、?」

翠「とても美味しいよ///」

シル「そうですか。良かったです!」

と話しているところに王様が

王様「オッホン!、、、、もういいかね?」

翠「あ!」

シル「あ!」

王様「はぁ〜やれやれ。二人だけの世界を作るのは二人きりだけのときにしてくれ。」

セリカさんはそれをみて笑っていた。

セリカ「ふふふ」

シル「///」

翠「///」

王様「それから翠よ。いつからシルフィードのことをシルと呼ぶようになったのか、詳しく聞かせてもらおうか!」

シル「///」

翠「、、、、はい」

その後いろいろなことを聞かれた翠だった。

暇つぶし4終わり

ーーーーーーーーーーーーーーーー





「異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く