異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー

kai

35話



翠、カレナ、カレア、レイ、カリンのグループ


カレナ「翠様、質問してもよろしいですか?」

翠「うん。なに?」

カレナ「今どこへ向かっていますか?」

翠「今は家具のお店を探してるんだけど、、」

翠「僕この街に来たばかりだからあんまり知らないんだよね、、」

カレア「私が案内しましょうか?」

翠「知ってるの?カレア」

カレア「はい。昔この街に来たことがあったので、、」

翠「じゃあ、頼んでいい?」

カレア「はい!」

カレナ(私も知ってるのに!!!)

カレナはカレアを睨むが、カレアはカレナにドヤ顔をして返した。

ということをしながら歩いていると後ろから声が聞こえてきた。

レイ「ちょっと待って、、、翠さま、、」

翠「ん?」

レイ「カリンがちょっと遅れてるから、、、」

翠「あ、そっか」

翠「ごめんね。気づかなくて。」

翠「カレナ、カレアしっかり見ておいてね」

カレナ「、、、はい。すみませんでした。」

カレア「、、、はい。すみませんでした。」

カリン「私が遅れたのが悪いんです、、」

カリン「ごめんなさい。カレナさん、カレアさん」

カレナ「私達は翠様にお願いされてたから私達が悪いわ」

カレア「かわいい〜〜〜」 

カレナがカレアの頭を叩く。

カレア「いてっ、、」

カレア「何するのよ?!」

カレナ「カリンちゃんの担当はカレアでしょ?」

カレア「、、、、はい」

翠「喧嘩してないで早く行くよ。」

翠「あんまり喧嘩してるんだったら、」

翠「カレアとカレナだけご飯なしにして貰おっかな〜〜」

カレア「ご飯無しはいやだーー(泣)」

カレナ「私も嫌です!」

翠「じゃあ喧嘩してないでいくよ!」

といって、翠はカリンとレイの手を握って歩いていく。

カレナ「翠さま。ちょっと待ってください〜。」

カレア「翠さま〜。ご飯無しはいやだー」

カレナ「いつまで言ってんよ。早く行くわよ!」

カレア「うん。」

といってふたりは翠のもとへ走っていき、
カレナがレイの手を、カレアがカリンの手を取って、五人並び、カレアの案内で店に向かった。

35話終わり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー







「異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く