異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー

kai

34話





翠「じゃあ行こうか」

といい各自のグループに白金貨5枚を渡した。
それにより奴隷たちは当初の目的を思い出し、翠に聞いた。

アリア「翠さま、出かける前に先程の続きを聞いてもよろしいですか?」

翠「あ〜え〜と今のこりいくら持ってるかだっけ?」  

翠「そんな心配しなくても君たちの給料は払うよ?」

アリア「いえ、その心配ではないのですが、、、」

翠「?」

翠「まぁ〜いいか。確か白金貨50枚(5000万円)を王様に貰って、その後君たちを奴隷商で金貨30枚(300万円)で買ったから、残りは白金貨47枚(4700万円)ぐらいかな?」

アリア「、、、なるほど」

アルフ「白金貨47枚、、、、」

翠「まぁ〜まだ少ないから増やそうとは思ってるよ。」 

アルフ「え!?」

アリア「ちなみにどのように増やすおつもりですか?」

翠「商売を始めようと思って。」

翠「だから、婚約パーティーのときに王様に相談しようと思っているんだけど、、」

翠「まぁー、今はその婚約パーティーの準備のためにいろんな準備しなきゃいけないからそれどころじゃないけどね。」

翠「少し状況が落ち着いてきて、いろいろプランが決まったらみんなにも手伝ってもらうからそのときに話すね!」

アリア「、、かしこまりました。」

翠「だから、各グループに白金貨5枚渡すからいろいろ調達してきて。余ったら好きなもの買ってきていいよ。」

奴隷たち「、、、、」

翠「じゃあ、グループに分かれて行こう!」

翠「カレナ、カレア、レイ、カリン行くよ〜」

カレア、カレア
「、、、、、、はい」

レイ、カリン
「は〜い!!」  

その後グループごとに分かれて買い物に向かった。
その間奴隷たちは誰がそのお金を持つかをなすりつけあい、最後はじゃんけんで決めた。

34話終わり
ーーーーーーーーーーーーーーーー





「異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く