異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー

kai

28話




家事のために雇った奴隷との契約が終わり、残りの者の契約をしようとしている翠だが、

翠「さて先程から睨んでいる男の獣人さん!」

翠「何か言いたいことでもありますか?」
(めっちゃ怖いーーーーーーーーーーーーーー)

翠「助けてピーちゃん」

ピー「ご自分でなんとかしてください。」

ピー「あとピーちゃんはきもいです。」

翠「ひどくない?最近僕に対する態度ひどくない?」

ピー「そんなことないですよ」

ピーとの会話は基本「」で書いていますが、周りの人には聞こえないです。

などと話し合っていると、

男の獣人イヴァンが

イヴァン「お前もあいつらと同じだろ!」

イヴァン「獣人だからって軽蔑され奴隷に売られそうになった。」

イヴァン「そしてミーナにまで手を出そうとしたやつらを倒しつづけていたらこの有様だ!」

イヴァン「俺とミーナを開放しろ!」

翠「それはできない」

イヴァン「なんだと!?」

翠「僕はきみをお金を払って買ったんだ。」

翠「なら勝負してみるか?僕と?」

翠「買ったらミーナとイヴァン、君たちを開放してあげる。」

イヴァン「なぜ俺の名前を!」

翠「僕に勝ったらそれも説明してあげるけど、
やる?」

イヴァン「当たり前だ!」

ミーナ「あなた、、、」

イヴァン「安心しろ。こんなやつすぐに、、、」

ミーナ「やめて。」

イヴァン「なんでだ!?ミーナ」

ミーナ「この人は悪い人じゃない!」

ミーナ「見てればわかる。私達を攫おうとしてた人たちとは違うわ。」

イヴァン「だが、、、こいつも同じ人間だぞ、、」

ミーナ「全員が悪いとは限らないわ。」

イヴァン「そうだが、、、」

翠(ミーナは温厚な性格の持ち主なようだ。)

イヴァン「だが、俺は納得できん!」

イヴァン「俺と戦え。俺に勝ったらおとなしく従ってやる。」

翠「わかった。」

28話終わり

ーーーーーーーーーーーーーーー

「異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く