異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー

kai

16話




リギート「合図はどうする?」  

翠「僕はいつでも大丈夫ですよ。」  

リギート「余裕だな!」

翠「そんなつもりじゃなかったのですが、、」

リギート「じゃあ、行くぞ!!」

翠「はい。」

リギートが剣をかまえたあとすぐに突進してきた。それはとても早く人間のスピードとは思えないほど早かった。だが、

翠「いくらはやくても正面から来てはバレバレですよ?」

リギート「当たり前だ!」

と言いながら、あの体に似合わないほどの高速で動き、翠の後ろへ回り込む。翠はそれを読んでいたかのように後ろへふり向く。だが、リギートは、それも計算のうちかのようにそのまた後ろへ回り込んでいた。

リギート「もらったーー!!」

と叫びながら、剣を思いっきり翠のお腹へ打ち込もうとした。
だが、翠はそれをうしろを振り向かずに剣を持っていない、左手の親指と人差し指で止めてしまった。

リギート「な!!」

さすが王国の騎士団長ということか、一瞬、翠がしたことに驚き固まっていたが、すぐに頭を切り替え、行動しようとした。だが、

リギート「離れない!」

反撃するためにいくらリギートが力をこめても、その剣が離れることはなく、足で攻撃しようとしてもそれをすべて避けられてしまい、最後には剣を奪われてしまった。そして、打つ手がなくなったリギートの首に翠は剣を突きつけた。
リギートは、両手をあげて、

リギート「参った、俺の負けだ。」

と答えた。

リギート「お前強いな!」

翠「いや、そんなことないですよ。」

翠「リギートさんだって、すごいスピードやパワーを持ってるじゃないですか!」

リギート「、、、それは嫌みにしか聞こえんぞ。」

翠「ち、ちがいますよ。」

リギート「┐(´д`)┌ヤレヤレ」

翠「ほんとに違いますって、、」

リギート「まぁーいいや。お前が強いのはわかったしな。そうだ、お前ここの風呂入ったか?」

翠「いえ、まだ入ったことないですけど、、、」

翠「まさか、臭いました?!」

リギート「いや、汗もかいただろ?」

リギート「だから、一緒に風呂でも入ろうぜ!」

翠「リギートさんとですか?」

リギート「おう。裸の付き合いってやつよ!」

翠「分かりました。行きましょう!」

翠「ここのお風呂入ってみたいですし!」

リギート「そうと決まれば早速行くか!」

翠「はい!」

リギート「そうだ。あと、、」

翠「?」

リギート「お前の敬語気持ち悪いからなしな。」

翠「きもちわるい、、、ひどくないですか?」

リギート「いいな。あと、さんづけもいらないからな」

翠「えー」

リギート「返事は?」

翠「いや、でも、、」

リギート「返事は?」

翠「、、はい。」

リギート「敬語」

翠「わかったよ。これでいいか?レギート」

レギート「おし。じゃあ、風呂へレッツゴー」

翠「はぁーやれやれ(´д`)」
(暑苦しい性格だけど、悪いやつじゃないから、一緒にいて楽しそうだな)

その後二人で話しながらお風呂場へ向かった。


16話終わり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




「異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く