異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー

kai

15話




そこで声が聞こえなくなり、目が冷めた。

翠「あの子は一体?」

翠「それに最後の言葉、小さくてあまり聞こえなかったけど、鍵って聞こえた気がする、、、」

ボックスにしまっていた、鍵を取り出してみる。

翠「なにかこれと関係あるのか?」

いくら考えてもわからない翠は、鍵をボックスにしまい、起きるにはまだ時間が早いが、眠気覚ましにはちょうどいいので、城の中を散歩させてもらうことにした。

すると、中庭から人の声が聞こえたので、行ってみると、そこには筋肉ムキムキの男性が木刀を振っているところだった。

筋肉ムキムキの男性がこちらに気づき、話しかけてきた。

筋肉ムキムキの男性「お〜お。おはよう。君が噂の少年かい?」

聖神「噂ですか?」

筋肉ムキムキの男性「そう!盗賊を1人で45人も倒したっていう。」

聖神「まぁ〜、一応通りがかったので、、たまたま、、」

筋肉ムキムキの男性「謙遜することはない。まぐれでできることではないぞ!」

といいながら、ボディービルダーがよくするポーズをしながら、話をしていた。

聖神「はぁ〜、、、」

筋肉ムキムキの男性「自己紹介が遅れたな、私は騎士団長のリギートだ。よろしく!!」

翠「聖神翠です。こちらこそよろしくお願いします。」(この国の人は自己紹介を忘れやすいのか?)

リギート「聖神翠、あまり聞かない名だな。」

リギート「どこから来たんだ?」

翠「えっと、、、」

リギート「おっと、失礼。答えたくないなら、答えなくていい。人には答えたくないものもあるしな。」

翠「、、すみません。」

ポーズしながら、、、、、、

リギート「いいってことよ!!」

翠(もったいないな〜。せっかくかっこいいこと言ってるのに、、)

と考えているとリギートが、

リギート「その代わりと言ってはなんだが、俺と戦ってくれないか?」

と言い出した。

翠「はい?」

リギート「もちろん、真剣じゃない。お互いこの木刀を使って戦う。」

リギート「ルールは相手が参ったと言うまで」

リギート「相手を死にいたらしめる攻撃や怪我をさせることは禁止だ」

翠「、、リギートさん、ホントは最初からこれがやりたかったんじゃ、、、」

リギート「な、なんのことかわからないなーー」

リギート「ピューピュー」

リギートが下手な口笛を吹き始めた。

翠「、、、、」

リギート「さぁーやろうか!」 

翠「はぁ〜。分かりました。」
(なんか勢いに流された気がするけどまぁいいか。自分の今の実力がわかるしね。)

15話終わり


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



「異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く