異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー

kai

14話





そして翠が朝、目を覚ますとそこは知らない天井だった。
それはよくあるテンプレで、いつも寝ている僕の部屋の天井ではない、ということではなかった。
それは言葉通りの意味で、自分の部屋の天井ではなく、昨日泊めてくれた城の部屋の天井でもなかった。

翠「一体ここは?どこだ?」

翠「昨日は式があったあと、セリカさんに部屋に案内されて、眠くてそのまま部屋で寝ちゃったまでは覚えているんだけど、、、ここはどこでしょうかね?」

翠「ん〜〜」

???「スイ」

翠「誰?!」

翠「どこにいるの?」

???「私はスイの中にいるよ」

翠「僕の中?」

???「、、、、、うん」


どんどん声が小さくなっていく。

翠「君は一体?」

???「、、、、、そのうちまた会えるよ」

???「、、、、、、、、、、、、、ヵ、、
、、ギ、、、、ョ」


翠「え?」


14話終わり


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー






「異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く