異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー

kai

11話





セリカ「では、扉が開いたら、そのままお進みください。そして、先程言った通りにお願いします。」

聖神「は、はい。」
(シルさん、手伝ってくれるという話はどこへ?(´Д`)ハァ…)

扉が開かれる。

セリカ「頑張ってください!」

聖神「はい。」

聖神はそのまま真っ直ぐ進み、金色の線があるところで片膝をついて、顔を下げた。

聖神を見た貴族たちは各々の声を上げていた。

貴族J「若いな」
貴族K「なんだあの者は?」
貴族L「あんなものが?」

この貴族達のアルファベットは、あまり登場する人たちではないので、アルファベットの順番を下げました。


などといろいろな声をあげていた。それはどれも否定的なものばかりであった。

王様「面をあげよ」

聖神「はい」
    (はっ!のほうが良かったかな?)

聖神(あれ?あそこにシルいるじゃん)

シルと目があい、ニコッという笑顔でこちらを見た。すると、前の方から声が聞こえてきた。

王様「此度は私の娘を救っていただいこと、心より感謝する。ありがとう。」

王様はそういうと、聖神に対し、頭を下げる。
それを見た、貴族たちは驚きの声をあげる。

聖神「あ、頭をあげてください。」

ファルバール侯爵「王様が頭を下げるなどあっては、他の者たちに示しが、!」

王様「よい。そのぐらい感謝しているということだ。」

王様「もう一度礼を言う。ありがとう」

聖神「、、はい」

王様「そこでだ、」

聖神「?」

王様「この者に褒美を与えたいと思う。」

王様「何かほしいものはあるか?」

聖神「褒美!?」

聖神「そんな!僕、、私はただ通り過ぎたところをたまたま助けただけなので」

王様「たまたまだったとしても、助けてくれたことに変わりはないだろ。」

聖神「、、まぁーそうですけど、、、」

王様「だから、ほしいものを言ってくれ」

聖神「ほしいものと言われましても、、」

王様「では、こちらが提示するのもので良いな?」

聖神「は、はい。」
(何か嫌な予感が、、、、、)

王様「では、娘を救ってくれたこの者には、
1、男爵の爵位を授与する。それにともない、屋敷を譲渡する。
2、白金貨50枚を褒美とする。
3、私の娘シルフィードとの婚約
この3つを褒美とする。」


と、王様が言うと、周りがさわぎだした。
それは翠も同様である。

翠「シルとのこんやくぅー!!!!??」

王様「なんだ。何か問題でも?」

翠「いや、、、問題があるわけではないのですが、、、、、」

翠「こんなどこの馬の骨かもわからない、ましてや名前も知らない男と婚約なんて、、、」

王様「お主名前を何と言う?」

翠「せ、聖神翠といいます。」

王様「翠よ。貴殿の対応で、悪いものではないとわかった。」

王様「それに、これはシルフィードからの願いでもあるのだ」

翠「シルの?!」

翠「でも、、、、」

王様「そんなに嫌か、、?」

翠「いや、、そんなことないですけど、、」

翠がシルをみると、泣きそうな顔でこちらを見ていた。

翠(どうしよう)




翠(そういえば、ソフィアさんが言ってたな。)

翠「男だったらしっかりしなさいか」

王様「?」 

翠「王様。」

翠「シルフィード王女様の気持ちが優先だと思います。そしてそのシルフィード第二王女様が良いとおっしゃるなら、ありがたくその話お請けしたいと思います。」

王様「そうか!!それは良かった!」

王様「近々婚約祝いを行いたいと思う。諸君楽しみにしておけ。」

ファルバール侯爵「ちょっと待ってください。王様」

王様が、話しているときに、ファルバール侯爵が前に出てきて、言った。王様は婚約が決まりご機嫌だったのに、眉間にシワが寄っている。

王様「なんだね?ファルバール侯爵」

ファルバール侯爵「褒美の件いささか過剰ではありませんか?」

王様「そうかね?」

ファルバール侯爵「まず、どこの馬の骨かもわからない者に、いきなり男爵の地位を上げるなんてもってのほか」

翠(まぁー俺もそう思う。)

ファルバール侯爵「それから、白金貨50枚、それは褒美としては多すぎます。それに屋敷まで渡すなんて、、、」

ファルバール侯爵「白金貨50枚は男爵の一年分の収入と変わりない額です!それをこんなものに!」

ファルバール侯爵が翠を睨む。

翠(え〜なんで俺を睨むの〜やめてよ〜)

ファルバール侯爵「それから最後の、第二王女様との婚約の件ですが、いくら後継権を持っていないとしても、第二王女様にはふさわしい爵位を持つ者と婚約するべきかと!」

王様「それはどんな人物かね?」

王様「例えば、君の息子のようなものとかね?」

ファルバール侯爵「はい!その通りで御座います。」

王様「シルフィードの意見も無視でか?」

ファルバール侯爵「私はそのほうが王女様のためになると思います。」

王様「なるほど。貴殿の気持ちはわかった。だが、、、」

王様がシルフィードをみる。

シルフィード「私の婚約は私が決めます。」

ファルバール侯爵「ですが、、、」

シルフィード「これは決定事項です。」

ファルバール侯爵「、、、、わかりました。」

ファルバール侯爵は翠を睨む。
翠は睨まれたことよりも、シルがそこまで言いきっていることに驚いた。

他の貴族たちも驚いていた。
普段優しいシルフィードが、自分の意見は曲げないといったからである。

ファルバール侯爵「ですが、他の件も、、」

王様「それは私からの決定事項である!」

ファルバール侯爵「な、それはあまりにも職権乱用が過ぎるのではありませんか!?」

王様「恩人に褒美を渡せないのは、他の国々や、貴族たち、国民に示しがつかん。」

王様「それともなにか、私に恥を欠かせるつもりか?ファルバール侯爵よ」

ファルバール侯爵「いえ、そんなつもりでは、、」

王様「それに貴殿に、45人の盗賊を追い払えるか?」

ファルバール侯爵「45人ですか?!私の私兵隊を使えば、、」

王様「お主一人でだ!」

ファルバール侯爵「それは、、、、不可能で御座います。」

王様「であろう。だが、それを翠はやってのけたのだ。」

ファルバール侯爵「な!!?」 
 
貴族達がざわつきだす。


王様「シルフィードにつけていたうちの兵隊14 人が亡くなり、隊長だけが残った。そこで1対45で戦い、瞬殺したそうだ」

ファルバール侯爵が翠を見る。
翠はテレながらニコッという笑顔で、ファルバール侯爵を見ると、怯えた目で翠を見た。


王様「それが君にできるか?」

ファルバール侯爵「、私も兵隊を使っていいならば、、可能で御座います。」

王様「はぁー」とため息をつく。

王様「使わなければ?」

ファルバール侯爵「、、出来ません。」

王様「なら、異論はないな。」

王様「式はこれにて終わりする」

王様「なにか他に文句がある者は?なければ私の娘を救ってくれた勇者翠に拍手を!」

ファルバール侯爵と数名の貴族以外は拍手をしていた。

翠(なんか勝手にいろいろ決まっちゃった、、、)

王様「翠よ。あとで応接間に来てくれ。」

王様「では、下がって良いぞ。」

翠「はっ!」
(やっぱはっ!のほうがいいな)


11話終わり

「異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く