異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー

kai

8話




街についたあと、衛兵に説明をして、盗賊たちを渡した。

ピー「行きますよ、マスター」

聖神「え、あ、うん。」

聖神「なんか怒ってない?」

ピー「怒ってません。」

聖神「えー」
(絶対怒ってるでしょ。なんかしたかなー?)

聖神「では、これで」

と聖神がシルフィードと兵士Aに告げると、


シルフィード「どこへ行くんですか?」

聖神「え?え〜と、どこかに?」

シルフィード「今から翠さまにはお城に来てもらいます。」

聖神「はい?な、何故?」

シルフィード「お父様が私を助けてくれた人にお礼を言いたいって。それにお礼の品も渡さなきゃですし」

聖神「いやそんなのいらないって」

シル「私達からのものはいらないってことですか?」

聖神「いや、そうじゃなくて」

シル「他に予定でもあるんですか?」

聖神 「いや、ないけ、、いやある、そう予定があるんだ!」

聖神「だから、ごめんね」

シル「そうですか 」

聖神「うん」
(心が痛いな、だけど、そんなとこに行ったら、僕が王様に会わなきゃいけない。そんなとこに緊張して行けないよ)

聖神「じゃあ、そういうことで」

シル「嘘ですね」

聖神「ギクッ」

シル「ほらやっぱり」

聖神「なぜバレた?」

シル「私に嘘は通じないと言うことです、ふふふ」

シル「それよりなんで嘘ついたんですか?」

聖神「王様に会うのとか緊張するからさ、」

シル「そんなことですか。じゃあ、行きましょう!」

聖神「えー」

シル「ちゃんとサポートしますから!」

聖神「ほんとに?」

シル「はい!」

聖神「わかったよ(´Д`)ハァ…」

シル(やったー)
聖神に見えないところでガッツポーズをしていた
そして、お城に向かっていった。


第8話終わり



「異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く