異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー

kai

7話



何事もなく、馬車に乗って街まで向かっていると、シルフィードが、

シルフィード「翠さまは、どこの出身ですか?」

聖神「翠さまぁぁ???!」

シルフィード「嫌でしたか?」

聖神「いや全然。むしろうれしいというか、女性からあまり名前で呼ばたことがなかったので。」 
(男性からもあまりないんですけどねw )

シルフィード「そうですか。それ良かったです。」


聖神「良かった?」

シルフィード「いえ。なんでもないですよ」
(これなら、私にもチャンスがありそうですね
、、ふふふ)

シルフィード「なら、私はシルとお呼びください。」

聖神「えー」

聖神「そんな恐れ多いですよ!」

シルフィード「いいからはやくですよ」

聖神「シ、シルフィード王女様」

シルフィード「シル」

シルフィード「それに私は第二王女です」

聖神「シ、シルフィード第二王女様」

シルフィード「王女はいりません」
      「あと、敬語もいりません。」
   
聖神「え〜シル様」
       
シルフィード「むっ〜」

聖神「、、、ハァ…シル」
聖神は恥ずかしくて、赤い顔になっていた。

シルフィード「はい!!」
こちらも赤い顔していた。

ピー「むっ〜」

聖神「どうした?ピー」

ピー「別になんでもないですよ。マスター」

聖神「え、あ、そう。」

などと話しているうちに、街へついた。

第7話終わり
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「異世界転移 ー虹の鍵と神の力を使ってー異世界チートハーレム無双ー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く