Absolute(公)

アカイル

バイバイ神界、こんにちは世界

『ちゃんとご飯食べるのよ』

「お前は俺のオカンか!』

今話しかけてきたのは、生命神ケイネスだ。容姿は美人で100人中100人が美人と言うだろう。修行中には生命の成り立ちを教えてくれた。治療魔法とかを上手くできるようになるみたい。

『行ってっこい!訓練忘れるなよ!』

「わかってるよ」

今話しかけてきたのは、武神ガレウスだ。ガレウスは筋肉バカで...いや、脳筋だけど丁寧に教えてくれた。武術の師匠で見た目の割にやさしい。なんかジト目が来たけど気にしないでおこう。

『魔法...イメージ...だから...ね』

「はーい」

今話しかけてきたのは、魔法神アネシリアだ。見た目は幼女だ。魔法を教えて貰った師匠だ。ちょっとドジっ子で抜けているところあり。

『必要な知識は全部教えたからね...行ってらっしゃい...楽しんできなよ』

「行ってくるよ」

今話しかけてきたのは、全能神ゼリスだ。ぜリスはイケメンで、性格も真面目なので教え方もすごい分かりやすかった。ちなみに聞いても一瞬で返答してくるので隙がない。

『そろそろ送るのじゃ...準備はいいかの?』

「いいよ!ありがとうね...10年間」

今話しかけてきたのは、創造神キリスだ。創造神で名前はなかったみたいなのでつけたら喜んで貰ってくれた。ちなみに下界では創造神、生命神、武神、全能神として祀られていて、名前とかは聖女も知らないらしい。

「じゃあ、行ってくるね!」

『『『『行ってらっしゃい』』』』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「おぎゃあ、おぎゃあ」

『可愛い男の子ですよ奥様』

『よかった...元気に産まれてきてくれた』

ーーガチャ

『お母様産まれたのですか?!』

『この子はあなたの弟よ!』

『やった!弟だ!』

『あなたもこっち来て』

『これで3人目の子供だな!』

『この子の名前はアカイルよ』

『よろしくね!アカイル!』

「キャッキャッキャッキャ」

ーーガチャ

『産まれたって本当ですか母上!』

『この子よ!アカイルって言うのよ』

『これが僕の弟に!大きくなったら剣を教えよう!』

『私は魔法を教える!』

『あらあら、張り切っちゃって』

『まあ兎に角、無事に産まれてきてよかったな!』

『本当ねぇ、この子には自由に生きてもらいたいわねえ』

『そうだな、好きなことをさせてやろう!』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まだ主人公の意識は入ってきていません
3歳の時に記憶とともに蘇ります



「Absolute(公)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く