帝王野球部の快進撃

TAKORAISU

天才野球少年の高校とプロまでの道

黒上真一(くろがみしんいち)
主人公(一年生)
中学時代4番とピッチャーを務めた天才少年と世間では言われてた人今は少し訳ありで...

酒井信宏(さかいのぶひろ)
ショートを務める選手(二年)

小森直次(こもりなおつぐ)
主にキャッチャーを務める女房役長打も打てて足でもかき回せる頼りになる男
(1年)
阿部真央(あべまお)
女っぽい名前ではあるが男小柄ながらセカンドを務めるヒットにするのがすごくうまい(1年)

神崎省吾(かんざきしょうご)
主にファーストを務めるパワーヒッターバットに当たったボールは軽々場外に飛ばす唯一の三年生ドラフト候補の1人(3年)

黒井産後(くろいさんご)(2年)
主にサードをやるたまぁに急造でキャッチャーもやる強肩で盗塁を許したことがない

乗田健吾(のりたけんご)(2年)
主にレフトをやる流れが悪くなると声を出して場を盛り上げてくれるしかも小技がうまい

白麻理久井(はくまりくい)(2年)
センターをやる頼りになるキャプテン、
パワーヒッターで右左でもホームランを打てる天才と騒がれているホームランを打った後はあまり喜んでいないらしい

藤浪涼気(ふじなみりょうき)(2年)
主にライトをやる金属バットをあえて使わないで木製バット使うスペシャリスト

菅野彩香(かんのあやか)
黒上真一の事が好きなヒロイン野球に興味がなかったがある理由でマネジャーにそして監督の娘

菅野良平(かんのりょうへい)(監督)
娘のあやかとくろがみをあまりよく思っていない


無名だったチームを全国まで上げた指導者



とりあえず今のところが登場人物ですまた新しく出てくると思うのでその時は楽しく読んでいただいたら幸いです今後ともTAKORAISUをよろしくお願いします

「帝王野球部の快進撃」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く