【ホラー短編集】ただいま

kurumipan

 机で勉強していると、窓からコツンという音がした。
 
 何か物が当たったんだなと思って、勉強を続けてると、次はドンドンという誰かが叩く音がしてビクッとなった。
 
 窓を確認しに行くが、何事もなかった。
 
 また勉強をしていると、背首あたりが冷えてるように感じ手を当てる。
 
「寒い。すきま風かな?」

「【ホラー短編集】ただいま」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く