【ホラー短編集】ただいま

kurumipan

キャンプ

 ソロキャンプをしに、山へやって来た。
 
 キャンプをしていると、どこからか「パァン」という猟銃を撃つ音が聞こえた。

「銃声?」「クレー射撃とかやってるんだな。」
 
 その後、キャンプを終え、家に帰ってきてテレビを点けた。
 
 自分が猟師に誤射で撃たれて死亡したニュースが流れていた。

「【ホラー短編集】ただいま」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く