転移守護者と10人の天使《テン・エンジェルズ》

ガブさん愛好会会長

敗戦


「エルンカって意外と遠いんだな。」

「はい!でも行く価値はありますよ!」

「そうだな。俺もスイーツ食べたいし。」

「!守さん!離れて!」

ドーンッ!

「!?グッ!」

「あーあ、外しちまったよ。」

「なんだ?この馬鹿げた火力は…。」

「流石は守護者。凄い回避力だね。でも守護者にしてはまだ弱いかな。」

「二人もいるのか!?お前たちは誰だ!」
 
「私はラーバ。第二の魔王エグサッシュ様の四天王の一人さ。」

「私はナーバ。同じく第二の魔王エグサッシュ様の四天王の一人。」

「第二の…魔王?」

「魔王が二人もいるとは…。これは大変なことになりましたね…。」

「私たちは第一の魔王とも対立しているからな。味方は身内だけって感じさ。」

「無駄話はやめて殺す。守護者がいると厄介。」

「来るぞ!ガブさん!」

「はい!」

守護之王ガブリエル守護礼装ガーディアンモードッ!天恵時間エンジェルタイム ッ!神器召喚ゴットウエポンコール、神槍バルムンクッ!」

守護之王ガブリエル天使礼装エンジェルモードッ!天恵時間エンジェルタイム神器召喚ゴットウエポンコール、神双剣エクマールッ!」

「へッ!邪器召喚アークコール、邪剣ホロボロス!邪気繕装アークアーマー!」

邪器召喚アークコール、邪銃デストロイ。
邪気繕装アークアーマー。」

「「「「ハッ!」」」」

キィンッ!キンッ!

「ハッ!錯覚羅越斬ノーフィカルスライスッ!」

「ヘッ!暗黒綾斬ブラッシュエクトッ!」

ギィンッッッ!

「強いッ!」

「弱い方って言ってたけどまぁまぁだなッ!暗闇ノ影ダークフォース!」

「ッ!絶対防御結界アブソリュートッ!」

ドーンッ!

「行きますッ!武器創造ウエポンズクリエイトッ!行ってッ!」ヒュンヒュン

暗黒結界ダークワールド!落ちなッ!闇龍ダークドラゴンッ!」

あんな凄い魔法があるのか?まるで圧倒的な感じを無理やり押し付けられてるみたいだッ!

虚無星雲スターゼロッ!」

ドーンッ!

「守さんッ!大丈夫ですか!?」

「あぁ、ありがとう。もう一人の方は?」

「ッ!雷鼓伴星サンダースターッ!」

「タイプZERO、黒ノ鉄弾アークショット。」

ドーンッ!

「おいおい!忘れないでくれよ、私のことをなッ!暗黒綾斬ブラッシュエクトッ!」

「ぐはッ!」

どうする?このままじゃ…。

虚無結界フォーリアゼロッ!」

ギュイーンッ!

「守さん!今から逃げますよ!あの中は易々と出れませんから!早くッ!」

「あぁ!」

こうして俺たちは初めての"敗北"をしたのであった。

「転移守護者と10人の天使《テン・エンジェルズ》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く