転移守護者と10人の天使《テン・エンジェルズ》

ガブさん愛好会会長

大天使召喚


「守!」

「みんな!無事だったみたいだな。」

「それより、守の力教えて!それにあの姿のことも!」




俺は詳しく丁寧に教えてあげた。凄いびっくりしてたけど…。

「なるほど…。とにかく凄いことになってることはわかった。」

「まぁ、お前達が利用されなくてよかったよ。」

「守くん、ありがとう。」

「ううん、大丈夫だよ。」

「本当にありがとう!」

「誠也はみんなをまとめてたそうじゃん、よくやったじゃん!」

「なんかムカつくけどありがとう。」

その他のクラスメイトにもありがとうやら感謝の言葉をかけられた。

「ねぇ、10天聖のみんな!少し話したいことが…。」

「「「「「「「「「「?」」」」」」」」」」

「俺さ、ステータスに"天聖の王エンペラーというものが…。」

「「「「「「「「「「!?」」」」」」」」」」

「それは過去の天聖の中で1人しか授けられなかったというやつじゃん!」

「!?なんですと!?」

「ということは天聖のリーダーは決まりだね。」

「「「「「「「「「だな(ですね)。」」」」」」」」」

「なんで!?」

「その称号は名前の通りなんだよ。」

「つまりそういうことなんだって。諦めた方がいいよ。」

「そんなぁぁ…。」ズーン

「まぁ頑張れ!」

「はぁ、頑張りますよ!」

「あのーすみません。守を借りていいですか?」

「あぁ、勇者さんか。いいぞ。」

「俺はものじゃあないんですけど!?」

「取り敢えずこっち来い!」




「で?なんのようなん…。」

「…。」ジー

「守さ、少しは沙耶のことを考えてやれよ。」

「トモもだろ…。まぁ悪かった。すまん沙耶。」

「そんなに私達といるのがつまらないんですか?」

「いやいや!そんなことはないけど…。」

「ぐわぁぁぁ!助けてくれぇ!」

「ゴロス、ゴロシテヤル!」

「寛太!」

魔人化!?なんで急に!?あぁなったら殺すしかないッ!守護者としてみんなを守らなきゃ…。!?あれはなんだ?影?

「シュコー、、、」

あれはゴーシラ!人を狂わせるSSS+ランクの魔物!

「みんな離れて!守護之王ガブリエル
守護礼装ガーディアンモード天使礼装エンジェルモード!正気に戻ってッ!武器創造ウエポンズクリエイトッ!
行ってッッ!」ヒュンヒュン

ガキンッ!キンッ!

「シュコォォォォ!」

キンッ!

「ッ!あれはSSS+ランクどころじゃない…。魔王クラスッ!天聖の王エンペラーとして命じます!力を貸してッ!」

「はいよ〜。すっかり可愛らしくなっちゃって…。」

よし、コラマは後でしめとくか。

「さっさと行くよ!バイス、エルン、ルビー、ラン、リーン、コラマ、ラルク、ジュリエット、ライル!」

「「「「「「「「「了解!」」」」」」」」」

「くらいなさい!獄炎羅踊ファイヤダンスッ!」

「はじめてのリーダーからの依頼だ。しっかりこなす!監視者の絶技メーディンアドルク!」

急流水龍ファストウォドラ!いっけぇ!」

風葉仙月リーフストーム〜。」

太陽光源ソーラービーム!」

創造人形クリエイトゴーレム!」

「みんなを導けッ!先導強化ファストンアップ!」

ドッカーンッ!

「やったか!?」

ねぇ、やめてよコラマ…。それフラグ…。

「シュコォォォォォ。コォォォォォォォ!」

やっぱりッ!

「10天聖離れてッ!」

「「「「「「「「「了解!」」」」」」」」」

ガブさん!行くよ!

『任せて下さい!』

天恵時間エンジェルタイムッ!!」

ドックンッ!




「ねぇ、***。その剣大切にしてね。」

「おう!ありがとう!この剣の名前は…?」

「神剣ラッジハルト。貴方を守ってくれるはず。だから…。頑張ってね!」

「任せろ!守護者として頑張るから見守っていてくれ、***。」

「うん!」




この記憶は…。ガブさんの前の世代と一緒にいた時期…か。あの剣の使い方がわかってきた。

神器召喚ゴットウエポンコール
神剣ラッジハルトッッ!雷豪剣斬サンダースレッジッ!」

「シュコ!?!?」

ドーンッッッ!

「シュコォォォォォ!」

「守護者として貴方に終焉の天啓を伝えます。
終焉の絶技ラグナフォルナ!」

「シュコォ…。」ドーンッ!

「ふぅ。守護礼装ガーディアンモード天使礼装エンジェルモードの重ねがけは疲れるね。守護之王ガブリエル解除。サッタを誰か頼む!」

「はい!」

『それはそうですよ。よく使えこなしてましたよ!後ですね、私がようやく守さんと戦えるようになりました!』

つまり…、

『はい!外に出ることができます!』

やっとか…。長かったなぁ。今からでも出る?

『出られるのであれば出たいです!』

わかったよ!

「我が名のもとにおいてここに"もう1人"の守護者を召喚せよ!」

キュイーンッ!

「やっと会えましたね!守さん!」

「君がガブさん?」

「はい!」

「これからもよろしくな!」

「任せてください!今まで以上にサポートできますから!」

可愛いな。ガブさん。大天使だから可愛いのかなと思ってたけど可愛いすぎる!

「えっと…。私の顔に何か付いてますか?」

「ううん!なんでもない!」

「そうですか。さて、みんなのところに行きましょう!」

「そうだな!よし、行こう!」

あ、忘れてた。コラマはしめよう。

「転移守護者と10人の天使《テン・エンジェルズ》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く