転移守護者と10人の天使《テン・エンジェルズ》

ガブさん愛好会会長

勇者救出作戦!


ガブさん、行くよ!

『はい!守さん頑張りましょう!』

守護之王ガブリエル天使礼装エンジェルモード起動!神器召喚ゴットウエポンコール、神槍バルムンク!行きます!錯覚羅越斬ノーフィカルスライス!」

「ん?なんだ?うわぁぁぁ!」

天使礼装エンジェルモードの時は女の子になるんだな。

『そりゃあ天使ですから。それに私の姿ですし。』

なんじゃそりゃぁ!まぁいいか。

「次!風纏突斬ウィンドスピア!」

「うわぁぁぁぁぁぁ!」

「みんなはどこにいるんですかッ!世界地図ワールドマップ!」

!!王の間か!

「一気に貫きます!修羅螺旋斬カオスセラフ!」

「!!誰だ!」

「今から死ぬ人に言う必要ありますか?」

「ええぃ!騎士よ!倒してしまえ!」

「させませんよ?破魔天光ジャッジメント。」

「ぐわぁぁぁ!」

「勇者の皆さん!少しの間待っててください。守護者の名に置いて犯罪者を討伐します!」

あいつは邪魔だな。さっさと片付けないと…。

「守護者…だと?居なかったんじゃなかったのか!?だからいい機会だから勇者を召喚して…ヒッ!」

「私を巻き込むのはいいですが、知り合いを巻き込むのは関心しませんね。超重力空間グラビティワールド!」

「やめて…」シュンッ

「ふぅ。もう大丈夫ですよ。」

「貴女は一体…?」

「ちょっと待って下さいね。守護之王ガブリエル解除。ふぅお久だな!みんな。」

「守!?女の子が守になった!?」

「一旦落ち着け。取り敢えずここから出よう。みんなを運ぶから少し待って。守護之王ガブリエル守護礼装ガーディアンモード起動!」

「今度はなんだ!?」

「だから落ち着いてください。このことについては後で話します。それまでは我慢してください。」

「あぁ。わかったよ。」

「それじゃあ行くよ。異次元扉ディメンションゲート!みんなここに入って!」

「わかった。」×28人

「ここは?」

「おぉ!帰ってきたか!そちらにいる方々は守の知り合いの勇者だな?」

「そうですけど少し手伝ってください。勇者に説明をよろしくお願いしますね、コラマ。」

「お、おう。わかった。」

「さっさと国潰して終わらせてきます。」

「国潰すって…。」×28

どうしようかなぁ。

『私の魔法を使ってみますか?』

使えるなら使ってみたいかも。

『少し待ってください…。OKです。』

"ステータス"
 
『名前』輝 守

『レベル』unknown

『魔力』unknown

『スキル』守護之王ガブリエル世界地図ワールドマップ武器創造ウエポンズクリエイト無限収納ストレージ神器召喚ゴットウエポンコール魔力覚醒マナアップ魔力具現マナリアクター、守護魔法、終焉魔法

『職業』守護者

『称号』召喚されし者コールリペクター
    前世の記憶を持ちし者
    絶対的守護者ガーディアン
    天聖の王エンペラー

『リンク』大天使ガブリエル

おぉ!すごいことなってるけどどう使うんだ?

終焉の炎ラグナロクを使ってみたらどうでしょう?これは炎であり、炎ではないものです。これで一掃できるでしょう。』

"罪ある人には罰を"か。なるほどね。

「罪深き愚か者よ。終焉の天啓ラグナ・カルタを伝えましょう。神器召喚ゴットウエポンコール、神弓カラミティア。くらいなさい、終焉の炎矢ラグナ・ショット。」

「やめてくれぇぇぇ!」

キュイン ドーンッッッ!!!

「あの世で罪を償いなさい。守護之王ガブリエル解除。」

『終焉の炎を"応用"ですか。考えましたね!」

うん。そっちの方が強そうだし。さて、みんなのところに行くか。

「転移守護者と10人の天使《テン・エンジェルズ》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く