転移守護者と10人の天使《テン・エンジェルズ》

ガブさん愛好会会長

大天使の役職とリンク


なぁガブリエルのことガブさんて呼んでいい?

『ガブさん…。はい!なんだかくすぐったいですが。』

じゃあガブさん。ここからどこに向かえばいいの?

『そうですね…。まずはこの世界の話をしましょうか。』

おう。

『まず私はさっき大天使と言いましたよね?この世界には10人の大天使がいます。私のように力を与えてますね。』

ガブさん以外には誰がいるんだ?

『まず役職、監視者のクイナさん。役職の通り"監視"を得意としています。
次に役職、治療者メディーさん。この人も役職の通り"治療"が得意です。
次に役職、炎の管理者のアリエルさん。
"炎"に特化した天使ですね。
次に役職、水の管理者のウォジュエルさん。"水"に特化した天使です。
次に役職、自然の管理者のリーフィさん。"自然''に特化した天使ですね。
次に役職、光の管理者のシャエルさん。"光"に特化した天使です。
次に役職、太陽の管理者のサリーさん。"太陽"の扱いに長けた天使です。
次に役職、使役者のサムさん。役職の通り"使役"が得意ですね。
次に役職、総括者のリスエルさん。"総括"が得意な天使ですね。
最後にこの私、守護者のガブリエルです。"守護"を得意としています。
以上ですかね。』

なるほど。まとめると監視、治療、炎、水、自然、光、太陽、使役、総括、守護か。
この中でやっぱり守護が1番強いのか?

『そうですね…。他の役職は平等な強さなのですがやっぱり守らなくてはならない守護が強くなってます。』

なるほどね。この世界はその特別な職業持ちの人は何が指名があるの?

『特にはないですが守護者は別です。今は分かりますよね?』

あぁ。わかってる。

『何故天使の話をしたのかというとですね、今の時期魔王が復活しまして"守護者"を探しているんです。いないから"勇者"を召喚した、ということです。』

召喚された俺が前世の守護者だったと。

『はい。前世では私の先代の天使が勤めてました。それでですね、今勇者を育成中ということなのですが…、そこが魔王を倒した後世界を支配するかなんとかって企んでるのですよ。』

クラスメイトだし助けたいしね。俺は守護者だし。

『そこの国が運が良かったのか1番近いところにあるのですよ。』

まずはそこから、だね。

『はい!そこの国の名前は"エルネスト"です。後私と"リンク"することによってさらに強くなることができるのでしましょうか。』

リンクってなんだ?

『リンクは天使と人が魔力を共有し活性化させる方法です。』

なるほど。リンクしようか。

『はい!それじゃあやりますね。』

うん。頼んだ。

『我、守護者ガブリエルなり。人間の守護者、守と戦うことを誓う。リンクッ!』

ッ!なんだこれ?

『これがリンクです。ステータスを見てみてください。』

わかった。"ステータス"

『名前』輝 守

『レベル』1

『魔力』unknown

『スキル』守護之王ガブリエル世界地図ワールドマップ武器創造ウエポンズクリエイト無限収納ストレージ神器召喚ゴットウエポンコール魔力覚醒マナアップ魔力具現マナリアクター

『職業』守護者

『称号』召喚されし者コールリペクター
    前世の記憶を持ちし者
    絶対的守護者ガーディアン

『リンク』大天使ガブリエル

おぉ!新しいスキルも増えてる!

『私のスキルを"全て"託しました。これから頑張っていきましょう!』

おう!頑張ろう!


こうしてクラスメイト救出が始まったのであった。

「転移守護者と10人の天使《テン・エンジェルズ》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く