栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

どぅぅわぁっさいネコ

「おい、ネコが落ちてんぜ。」


 ワビの声だ。俺はあのハヤテの蹴りを食らってから、肉体的な苦痛というよりかは精神的な苦痛によって、立てなくなっていた。


「おいネコ、どーしたよ? こんな所でグダーっと寝転がって。」


「聞くな。」


「おめ! まさかハヤテに負けたのか!?」


「言うな!」


「かァ〜! こら傑作だぜ! 自分の得意分野で吹っかけたのに、返り討ちに遭ってやがんの!」


「うるせぇ!」


「どぅぅわぁっさ!」


「ダッサっていうのを溜めて言うな!」


「どぅぅわぁっさっいねネコちゅわあああん!」


「うるせぇって言ってんだよ!」


 俺はムカついて立ち上がった。するとワビはニヤニヤした顔でこっちを見ていた。


「お、立ち上がれたじゃねーか。」


「ワビ......てめぇ!」


「怒る相手まちがえてねーか?」


「あ?」


「てめぇが怒るべきは、てめぇ自身だろうが。てめぇ自身の不甲斐なさ、ハヤテになぜ及ばなかったのか、そこら辺よく考えとけボケ。」


「知ってんだよ! んなこたァよォ!」


 俺は情けなく吠えることしか出来なかった。そこでワビを気持ちに任せてブン殴ることも、そこから走り去ることも出来なかった。ワビの行ってることが、あまりにも正しすぎたから。








 私は今、自分が持っている知識なんかでは到底計り知ることが出来ないほど、素敵な時間を過ごしている。


 横で少し恥ずかしそうにしている彼、たぶん私と初めて出会った日のことなんて覚えてないハズだ。


 時計の針を私が雪山で遭難した日まで戻そう。あのとき雪山の小屋には私と青年と、もう一人いた。


 それが幼い頃のハヤテ。そして、私が限界まで持ち堪えれた理由。全ての真実は、ハヤテのお母さんにカウンセリングされた夜に、答え合わせされた。


 幼い頃のハヤテは、青年の死体を見て動揺する私をずっと宥めてくれて、そして救助が来るギリギリまで一緒に居て支えてくれた。


 救助が来る前日、痺れを切らした彼は、救助を呼んでくると言って小屋から飛び出し、雪崩に巻き込まれてしまった。


 カウンセリングの夜に明かされた事実として、彼はその時の雪崩が原因で意識不明の重体に、その後回復するも記憶を無くしてしまったとの事だった。


 どういう巡り合わせか分からないけど、中学の時に再開して、そしてこうやって今は2人で歩いている。

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く