栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

なんでも知ってる彼女

 自分に似合わず、時代にも似合わない事してしまったなとか考えながら、僕は家に向かった。


 その時、アイツの名前すら聞いてなかったなと思い、名前も知らない相手とケンカしたという事が、少し面白く思えてきて吹き出してしまった。


「何が面白いの?」


「おわっ! あ、アミ!」


 いきなり後ろからアミに声をかけられ、ビックリしてしまったが、すかさず平静を装った。


「今日は夜ご飯食べに行く?」


「いや、今日は良いかな。」


「そっか。」


 この発言で、僕は少し落ち込んだ。やはりこの前のアレがいけなかったんだろうか。


「ハヤテ、手を出して。」


「ん?」


 僕はアミに言われるがまま、手を出した。すると彼女は1つの紙袋を手渡してきた。


「これは?」


「ハヤテ言ってたじゃん。スフレ食べたかったんでしょ?」


 スフレ......それは僕が先日アザミとアミに気持ちを見透かされた歳に「好き」という言葉を誤魔化して生まれた苦し紛れだ。


「う、うん、そうだね。」


 僕は微妙な顔をしながら受け取った。そして夕風でスーッと冴えた頭で、よく考えてみた。


 なぜ、アミがスフレを渡してきたのか。頭が良くて、そしてイタズラっ子っぽい一面のあるアミが、なぜスフレを渡してきたのか。


「なるほどね。」


 僕は得心がいった。しかし、それをドヤ顔でアミに言う勇気が無かった。


「ん? 何がなるほどなの?」


「ん、アミがスフレを渡してきた理由。」


「あ、分かっちゃった?」


「うん、分かっちゃった。」


 先ほど言ったように、スフレとは僕の「好き」と直接言えない気持ちから生まれた苦し紛れ。それをアミが僕に渡してきたということ、それはつまり......


「ハヤテがいつまでも変な所で黙ってるからさ、ちょっとは私からも歩み寄っても良いかな〜、なんてね!」


「ふっ......ごめんよ。」


「なに謝ってんの。」


「いや、もっと早くに言うべきだったのかもって、ちょっと思ったり思わなかったり。」


「なんだいなんだい、言ってみそ?」


「......好きだよ。」


 僕は無い勇気を無理やり捻り出して、腹の底から言葉を捻り出した。この言葉は突然だけど、この気持ちは突然では無いつもりだ。


 アミはこの言葉を聞くと、ニヤニヤしながら何も言わなくなった。僕は一方的に顔を赤くして、ソワソワし始めた。


 恐らく5分後、なんでも知ってる彼女は「知ってる」とだけ返すのだろう。

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く