栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

ネコちゃんクマちゃん

 放課後、俺は何だか気まずいまま仲のいいヤツらと帰路についた。1人は口が水素よりも軽いことで有名な夘道 佗壱ウドウ ワビイチ


 そしてもう1人は、胃袋がブラックホールよりも入ることで有名な杭全 龍樹クマタ タツキである。


「なぁクマ......」


「ん? なん?」


 ワビがクマに話しかけたタイミングで、俺はさっきのあの事を言われると察知した。


「おいワビ!」


「ネコがな。」


「うん。」


「おいワビ......」


 俺はワビの言おうとすることを邪魔しようと、ガッとプロレス技をキメてやった。


「それ以上お口水素から何かフワフワっと出してみろ? 折るぞ? ええのか? 折るぞ?」


「好きなひ......いででででででで!」


「お前は性懲りも無く言うのな。」


「え? なに? 好きな人? マジで!?」


 技のかけ損だ。クマに伝わっちまった。クッッッッッソ、このお口水素が。


「だーだーだー!? そんなわけ無いよ? クマちゃん何言ってるの? こんなTE☆KI☆TO☆U男の言うこと信じちゃうの?」


「ん? いや、ネコがワビにガチコブラツイストかけるなんてよ、ワビが言ったらマズイこと言おうとしてる時ぐらいだろ?」


 ミスった。ここは敢えてスルーするべきだった。俺の行動によって、寧ろワビの言ったことに信憑性を持たせてしまった。



「ふーん、ネコもとうとう好きな人できたんだ。んで、お相手はドコ高なん?」


「はぁ......バレちまったらシャーなしだな。まぁドコ高か分からんのよ。帰りの電車で見かけるくらいでさ。」


「あらあらクマさん聞きました? 電車で見かけたんですってよ? あーこれだから最近のネコちゃんは......性欲モンスターではしたない!」


「聞きました聞きましたワビさん、そんなに言うもんじゃありませんわよ? ネコちゃんだってネコちゃんなりに考えてのことでしょうし......まぁ恋に落ちるには些か早すぎでマセガキかも知れませんわね。」


「テメーらなぁ!」


「きゃっ! ネコちゃんに引っかかれますわ!」


「おファックですわ〜! おほほほ〜!」


 クマとワビは気色悪い奥様言葉を使いながら、俺の掴もうとする腕をヒョイヒョイと避けて見せた。


「クッッッッッソ、てめぇらマジで一回シバキ散らかせろ!」


「あらあらネコちゃんらしい汚い言葉遣い、お里がしれましてよ〜! おほほほ〜!」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く