栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

加速する鬼の残酷蹴り

 ショウタの所に連れてかれるまでに、少しだけ自己紹介をし合った。2人は僕と同い年で、ノッポの方の名前は夘道 佗壱ウドウ ワビイチ、デブの方の名前は杭全 龍樹クマタ タツキと言うらしい。


「ショウタ〜、連れてきたぜ〜。」


 2人に連れてこられた先は、駅裏にある地下駐輪場......の更に奥の、マジで僕達以外だれもいない倉庫であった。


「よく来たな。」


 腕を組んで待っていたショウタ。その足元には蹲っている人影があった。僕は何で呼ばれたのかよく分からないままショウタに近づいた。


「こ、この人は?」


「あぁ、お前んとこの店長さん。」


「え!? ショウタ何してんの!?」


「何って、ワカラセてやったんだよ。」


 僕は蹲っている店長をよく見た。服には血のシミや、殴打されたことによる破れがあり、髪はグシャグシャ、体全体は小刻みに震えていた。


「わからせてやった?」


「あぁ、お前を介するとかいう、クソ回りくどい狡いマネしてまでカネ取ろうとしたんだ。こっちからキチンと出向いてやったんだよ。ほれ、カネが欲しいんだろ?」


 ショウタは懐から茶封筒を取り出した。そしてそれを蹲る店長の頭にペチペチと当てた。


「ひ、ヒィ! 要りません! 要りません!」


「どうしてこんなになるまで......」


「だーかーら、ワカラセてやったんだってば。こいつが俺からカネを取るに値する人間かどうかをな。」


 ショウタは右足で店長の頭を踏んづけた。ショウタには『残酷蹴り』と呼ばれる必殺技的なものがある。それは地面に突っ伏した相手を踏んづけ、そのまま足を思いっきり動かし、地面との摩擦で全身擦り傷だらけにするというものだ。


 ショウタは僕の予想通り、残酷蹴りを使用した。僕はボロボロになっていく店長を見て心配しながらも、内心少し安心した。


 安心した、と言うのはクソ嫌いな店長がボロボロになった事そのものに対してでは無く、この場所が砂利では無かったことに対してだ。


 ショウタの残酷蹴りが真価を発揮するのは砂利の上でだ。僕も一回食らったことがあるが、砂利の上での残酷蹴りは死ぬほど痛い。


「で、店長さん、どうすんの?」


「は、ハヤテのバイト代はきちんと出す、お前さんからはカネは取らない......コレで手を打つ!」


「上出来だ。」


 ショウタは店長の髪の毛を鷲掴みにし、頭をグイッと持ち上げて、自分が蹴りやすい位置に頭を持ってくると、店長の頭を綺麗に蹴り飛ばした。

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く