栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

見えぬもの見えるもの

 帰り道、アミと別れたあと、アザミは未だに僕の顔をマジマジと見つめている。僕は何となく気になって首元を触ろうとするが、アザミは黙って僕の手を止めた。


「棕櫚ヘビ様だっけ? 見初められると何かあるの?」


「変なのは大体寄ってこなくなるよ。」


「変なのって何だよ......」


「普通の人たちが、悪霊とか怨霊とか呼んでるヤツら。私はモーテム人って呼んでるけどね。」


「その他に何か効果は?」


「取り憑かれた対象が男の人か女の人かで効果が逆になるんだけど、男のハヤテの場合、恋愛が上手く行くよ。」


「もし女の人が取り憑かれたら?」


「男が全く寄ってこなくなる。」


「へぇ、そりゃ面白いな。」


「良かったねハヤテ、男で。」


「お、そうだな。」


「でも気をつけてね。」


「何を?」


「棕櫚ヘビ様はホントに気分屋だから、ちょっとでも機嫌を損ねるようなことすると、ハヤテ丸呑みにされちゃうから。」


「機嫌を損ねるようなことって具体的に何?」


「それは私にも分からない。」


「ふ〜ん......もしかしたらだけどさ、アザミは物事の本質を見抜く能力に長けてるのかもね。」


「どういうこと?」


「いやさ、正直僕には棕櫚ヘビ様だとか、枕モグラだとか、薮ワシだとかは見えないし聞こえない。でもアザミは存在を知っていて、更に見えも聞こえもしない僕の夢の内容や、心の奥に秘めてる気持ちまで当てて見せた。」


「う〜ん......どうだろ? 皆が見え無さすぎるだけなんじゃない? ほら、あそこの人だって宇宙ミミズに集られてるのに気づいてない。」


 アザミが指さした方向、そこには酔っ払いのオジサンが居た。どう見てもシラフじゃないと分かる、おぼつかない足取りで、コンビニの前をのらりくらりと歩いてる。


「あのオジサン、命に嫌われてる。きっともう長くない。」


 アザミがそう言った瞬間、酔っ払ったオジサンは赤信号の横断歩道に飛び出した。直後、横から来たトラックに撥ねられた。


「あ......」


「やっぱりね。みんな見えてない。宇宙ミミズも赤信号も。視界に入るということと、見るということは別。棕櫚ヘビ様も宇宙ミミズも、薮ワシも枕モグラも、みんなの視界には入ってる。みんな意識してないだけ。」


「どう意識すれば見えるようになるの?」


「心のゲートを開くの。そうしたら見えるよ。」


「心のゲートを開く?」


「簡単に言えば、素直になるってこと。」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く