栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

彼女は悪徳に満ちてる

「え〜ハヤテ私のこと好きなの〜?」


「あ、ん、いや、その......」


 自分でも恥ずかしいぐらいキョドってしまった。自分でもアミの事が好きかどうかは分からないけど、確実に『僕はアミが好き』という事がバレることに、一種の嫌悪感を感じた。


「どうなの〜?」


「どうなのどうなの〜?」


「いや、別に......」


「好きじゃないの?」


 アミは一瞬ションボリ顔になった。やっぱり、アミは悪徳に満ちている。こんな顔されたら、言う他ないじゃないか。


「す......」


「す?」


「......スフレが食いたいかなぁ。」


「ふふっ......ハヤテ、ここイタリアンレストランだよ? スフレはフランスの食べ物。」


「んぐ......」


「いやぁ、やっぱりハヤテは私に隠し事なんか出来ないよね〜。でもまぁ、今後イジって面白いから良いかも。」


 やはり彼女は悪徳に満ちている。僕がアミに好意を抱いてるという確信を得て、彼女は僕に対する思いを決して明かさない。


 好意的に思ってるとも、ただの友達としてイジるネタにしか思ってないとも、どちらとも取れるように、のらりくらりと上手いこと返答している。


 僕はおしぼりを広げて、そこに顔を埋めた。無理だ、そもそもアミ1人を相手にしても心理戦で勝てるわけが無いのに、その上いきなり核心を突くアザミがいては、不利でしかない。


「やっぱりハヤテは面白いよね。薮ワシの鳴き声よりも面白いよ。」


「それ確か『ヌワポポポポガジュブルチ』とか鳴くやつだよね? そんなに面白いか?」


「あ、ダメだよハヤテ。こんな時間に薮ワシの鳴き真似したら、棕櫚ヘビ様が来て食べられちゃうよ。」


「何その棕櫚ヘビ様っての、初めて聞いたわ。」


「あれ? ハヤテもう会ってるみたいだね?」


「会ってるって? 誰に?」


「棕櫚ヘビ様。夢の中に出てくるんだけど、白い手みたいな形してるよ。」


 その瞬間、僕の背中は大量のアリに噛み付かれたような感覚を味わった。普段から不思議な事を言うとは思っていたが、この前見た変な夢まで当てるなんて。


「そ、そうかな?」


「私には分かるよ?」


「なんで?」


「だってハヤテの首に、棕櫚ヘビ様のマークがついてるもん。」


「え?」


「良かったね、見初められた証だよ。食べられなくて済むね。」


「そういう問題!?」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く