栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

悪意の波と先輩の無事

「ふん、お前もちょっとは言うようになったじゃんか。でもな、俺がアキバ先輩にどういう気持ちを抱こうが、俺の勝手だろ? つーか、こんな風に誰かが事故って『失望した』とか『ざまぁ』とか思う人間は幾らでも居るんだぜ?」


「そうだとしても、お前までそんな風になるこたないだろう。」


「分かってない、お前は何も分かってない。お前みたいな綺麗事吐くだけの若造が、大海に出た途端すぐ食い物にされるって事を。」


 そう言うと、ショウタは僕の鳩尾に掌底を食らわしてきた。途端に僕は肺から全ての空気を吐き出し、新しい空気を吸い込もうと必死に口をパクパクさせ始めた。


「悪意の波を乗りこなせるようになれ。立ち向かおうとか思うな、たった1人の人間なんて所詮、弱くて脆くて何も出来ない、ちっぽけな存在なんだ。」


「グッ......クハッ......ハァハァ......お前だって......その弱くて脆い人間の1人じゃないか......」


「あぁそうだ。そんなこと9不可説不可説転も理解してるよ。だからな、俺はアミやお前と違って、誰かを教導しようなんて腹積もり、1涅槃寂静も持っちゃいない。」


「教えんのが......悪いことなのかよ......」


「悪いとは言ってねーよ。やりたきゃ勝手にやればいい。ただ、やるんだったら壁にブチ当たったとしても、迷わず一直線に突き抜けて進め。」


 ショウタはそう言うと、アミの席の前まで歩いていって、アミの机をバンと叩いた。


「お前にも言ってんだよ、お前にも。」


「へ?」


「俺はフ抜けたお前と戦って勝っても、何にも楽しくねぇし嬉しくねぇ。いっぺん顔洗ってシャキッとしてから出直してこい。」


 ショウタはアミにそう言い放つと、いつの間にか手に持っていた小さい写真を一枚手渡した。さっきの芯のないパンチは、写真を握りこんでいたからだったようだ。


「アキバ先輩から写真を送ってもらった。ほら見ろよ、こんなに元気そうなんだぜ?」


 僕は気になってアミの所へ駆け寄った。すると、そこには確かに入院着に身を包み、顔のあちこちにガーゼが貼られた笑顔のアキバ先輩が写っていた。


「こんなに元気そうなのによ、なんだか湿っぽく辛気臭くしてる方が、よっぽど失礼なんじゃねーか?」


「別に......アキバ先輩が無事どうこうの話じゃないの......私のせいで事故が起きたと詰られるような事になってしまった、その事実そのものが私を追い詰めてるの。」


「そうか、じゃあ勝手にいつまでも落ち込んでろ。立ち直る努力もしないで。」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く