栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

夢の中のテレビの中で

 僕はその日の夜、色々とあったせいか、ベッドにダイブしてゴロゴロしてる内に眠たくなってしまい、そのまま寝落ちしてしまった。








 夢の中で、何故か僕は今の時代じゃもう使われてないVHSを片手に持っていた。そしてそれを、どこかで見れないものかと色々と模索していた。


 VHS片手に彷徨ってる内に、いつの間にか僕は学校に来ていた。そこで僕は、視聴覚室になら古いブラウン管のテレビがある事を思い出し、ブラウン管のテレビがあるならVHSのプレイヤーもあるだろうと踏んで、視聴覚室に向かった。


 視聴覚室に入ると、何故か壁一面がドピンクに塗り潰されていた。なかなかサイケデリックな光景の中、僕は一直線にVHSプレイヤーを目指し、すぐに発見して中にVHSを突っ込んだ。


 ブラウン管テレビのスイッチをカッチンと押すと、ピチピチ......という音と共にボヤーんと画面が出力され始めた。テレビは数秒間VHSの読み込み中という文字を出してから、VHSの中身を映し始めた。


 映し出されたのは映像には、動画投稿サイトのウィンドウを開いているパソコンが映っており、そのパソコンの前に死んだ顔をしている男が座っていた。


 なんだこれ? とか思っていると、映像はドンドン進んでいき、男はマウスを操作してある動画を再生した。すると次の瞬間、パソコンの画面から白い手がニュっと出てきて、画面の前に座っていた男を画面の中へ引きずり込んだ。


 僕は気になって画面に顔を近づけた。めっちゃめっちゃめっちゃ顔を近づけて見たが、最終的に見えたのは、画面に映る色の集合体だけだった。


 僕はちょっと溜息をついて、画面から顔を離そうとすると、いきなり後ろからドンと押され、テレビの中に入ってしまった。


 僕は驚いて後ろを見たが、そこには何も置いてない棚しか無く、僕をテレビの中に突き落とした犯人の顔は拝めなかった。


 テレビの中の世界、それはさっきテレビの外で見ていたように、ただパソコンがポツンと置いてあるだけの世界であった。


 僕は特に何もすることがないので、さっき男がやっていたようにパソコンを弄ってみた。パソコンの画面には一列に並んだ面白そうな動画が沢山並んでいた。


 画面を少しスクロールしていくと、変な動画を見つけた。タイトル名は『死(閲覧注意)』と書かれている。


 僕は怖いもの見たさでそれをクリックしてみると、さっき見たように画面から白い手がニュっと出てきた。

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く