栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

無頼漢と黒文字と懐紙

 アミはハヤテと別れた後、駅から一人暮らししてるマンションまでの道を急いだ。しかし、夜ご飯も食べて採点もしたもんで、まぁまぁ遅い時間ではあり、当然と言うべきか、夜道を1人で歩いてる女の子に話しかけるような不埒な輩は居るものである。


「ねェ〜、そこのオネーサン、俺とちょっとお茶してかな〜い?」


 アミはこんな御時世に、よくもまぁそんな古臭いセリフを吐けたもんだと思いながら、無視して歩いた。


「ちょっと〜、アンタのことだってばァ〜。」


 その輩は、図々しくもアミの肩を掴み、無理やり呼び止めた。


「はァ......お茶ですか?」


「そぉそぉ! お茶お茶!」


「では、懐紙と黒文字は当然用意できてるのでしょうね?」


「ァん? カイシ? クロモジ?」


「はぁ......懐紙も黒文字も用意できてないのに、見ず知らずの婦人をお茶に誘うとは......もう少し勉強してみては如何でしょうか?」


「このアマ......バカにしてんのか!」


 男がブチ切れて手をあげそうになった瞬間、謎の人物が男の凶行をピタッと止めた。


「俺の『先生』に、何か御用かな?」


「て、テメェ......ケンジ!」


「お、俺のこと知ってるとはウレシーねぇ......なら尚更、懐紙と黒文字は分からなくても、俺の知り合いに手ぇ出すって事の意味、分からねーワケじゃねーだろ?」


「チッ......クソっ!」


 男は捨て台詞を吐きながら、走ってその場を後にした。ケンジは男が見えなくなるまで睨みつけた後、優しい面持ちでアミの方を見た。


「ケンジ先輩......ありがとうございます。」


「いやいや、良いってことよ。」


「さっきの男、先輩の顔みた途端ビビってましたけど、先輩そんなに名を売ってたんですか?」


「ん、まぁな。まだ中坊だった頃、まだまだギムキョーイクだぜーなんつって色々バカやらかして来たからな。その中でも、特にヤバかったかなって思うのが、仲間ボコられて復讐の為に100対2をやった事かな。」


「なるほど、それで有名に。」


「まぁ悪目立ちだけどな。」


「因みに2って言うのは?」


「俺とアキバだ。」


「アキバ先輩も昔ヤンチャしてたんですね。」


「なんなら俺なんかよりアキバの方が、ずっとずっとクソヤンキーだったぜ?」


「えぇ......意外です。」


「だろ? 今じゃ考えられないよな。」


「はい。」


「だから、俺はアイツに......」


「ん?」


「いや、何でもない。」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く