栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

結構しっかりしてる感

「いやぁ今日の特別補講も中々良かったね。」


 などと言いながら、僕はアミと帰り道を歩いた。しかし、少し陽気な僕とは違って、アミはちょっと難しい顔をしていた。


 僕はそのムッとしたへの字口をマジマジと見つめた。こんなにムスッとしていても、何故かアミは可愛い。


「今日はケンジ先輩とアキバ先輩にキチンと教えられなかった。」


 ちょっと子供っぽい言い方も、何故かしっくり来る。野球部の先輩達の前じゃピシッとしてるのに、僕と居る時だけ何故かこんなイタズラっ子というか子供っぽい一面を見せるのだ。


「なーんだ、その事か。別に大丈夫だと思うよ? アキバ先輩ケッコーしっかりしてるし。」


 アミはその言葉を聞いた途端、ムッとした表情でコッチを見てきた。


「あのさ、その『ケッコーしっかりしてる』って言うやつ、案外ストレスなんだよ? 私もよく『貴女はしっかりしてる』とか言われるけど、そんな事言われたらシッカリしてないといけないみたいで、息苦しいじゃないか!」


 とプンスカプンスカ可愛く怒ってきた。への字口に頬っぺた赤くして、まるで小動物みたいだ。


「ごめんごめん。」


「ちぇっ......ハヤテだけはそーいうコト言わないと思ってたのに、やっぱりハヤテもそーいうコト言うんじゃん。」


「ごめんて。」


 プンスカ可愛く怒る彼女を宥めながら、僕はふと、あの事を思い出した。こんなに明るく楽しく生きてる彼女の、暗く辛い過去を。


 なんで当人じゃない僕の方が気にしてるんだと思ったが、あの事を聞いてから彼女を見て、思い出さざるを得ない。


「どうしたのハヤテ? 気分でも悪い?」


「あぁいや、別に何もない。」


「ハヤテさ、何か私に隠してない?」


「ん? 僕がアミに何を隠すのさ?」


 アミはいつもはパチクリした目を、薄ーく細めて僕をジーッと見てきた。


「ま、別にいいけど〜。ハヤテは私に何か隠し事できるようなタマには思えないし、そもそも私にするような隠し事も無いか〜。」


「そーだよ。」


「で〜も、ハヤテが私に一つも隠し事してないなんて思えないんだよな〜。」


「まぁ隠し事の一つや二つ、フツーあって当然だもんな。とりま詳しいのはノーコメントで。」


「ハヤテの隠し事なんてどうせ下らない事だろうから聞かなくて言いや。」


「きょうめよ! もうちっと俺にきょうめよ!」


「ふふっ、分かった分かった。きょうむよ。」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 文戸玲

    キャラが立っていて面白いですね!
    独特の言い回しも癖になります!
    次も楽しみにしています!

    1
コメントを書く