栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

勝手に消えた鷹を探す

 放課後、僕はいつも通り特別補講の為の準備を始めた。すると、いきなりショウタに呼び止められた。


「ハヤテ、何してんだ?」


「あぁ、野球部の先輩達が赤点取りすぎて、甲子園出られなくなるかもしれない危機に陥ってるんだよ。そこで、アミが先輩達に勉強教えてるんだけど、僕も手伝ってるってワケ。」


「ほーん......そいつぁイイこと聞いた。」


 ショウタは、お決まりの悪徳スマイルを僕に見せてきた。そのとき僕は、しまったコイツにベラベラ話しすぎた、と思った。


「ま、まぁ別にショウタは関係ないから、こんなこと言っても何がイイことなの? って感じだけどね。」


「あぁ『今はまだ』関係無いがな?」


 そう言ってショウタは鼻歌を歌いながら何処かへと去って行った。僕は一抹の不安を感じながら、特別補講の準備を進めた。








 特別補講の時間になり、僕はいつも通りテキストを配り始めた。しかし、そこで何か違和感を感じた。


「あれ? アキバ先輩来てない?」


 今ここにいる先輩達にテキストを配り終えたはずなのに、アキバ先輩の分のテキストが手元に余ったのだ。


 もう一度よく教室内を見回してみると、やはりアキバ先輩の顔が見えない。今日は病欠か早退だろうか。


「ケンジ先輩、アキバ先輩が休んでる理由とか聞かされてませんか?」


「ん、そーいや何も聞いてねぇな......チッ、あいつ前に俺にアレだけ言っといて、自分だけ先に抜けやがったのかよ。」


 ケンジ先輩はアキバ先輩がいつも使っていた席を睨みつけた。そして少し考えた後、ケンジ先輩は立ち上がった。


「ちょっと俺、アイツのこと探してくるわ。」


「あ、ちょ。」


 ケンジ先輩は僕の言おうとした事も聞かずに、教室から飛び出して行った。


「アミ、どうする?」


「2人の今日進められなかった分は、後で別にやってもらうから大丈夫。」


「分かった、じゃあココにいる先輩達だけ進めちゃおうか。」


「うん。」








 ケンジは、アキバがいつも行くような場所を一通り見て回った。しかし、何処にも彼は居なく、そこから更に電話を滅茶苦茶かけまくったが、それも彼は出なかった。


「マジどこで何してんだアイツ。」


 ケンジが半ば探すのを諦めた瞬間、彼の視界の端っこに、見覚えのある顔がチラッと映りこんだ。


「アキバ!」


「ケ、ケンジ!」


「何サボってんだテメェ!」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く