栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

父と子かつ男と男の話

「アミちゃん......昔かなり大変な目に遭ったそうじゃないか。」


「うん。」


「父さんな、印刷会社で働いてるだろ? だから新聞の印刷とかも、一応仕事の一部なんだよ。」


「それで?」


「だから、どこか責任を感じずには居られないんだ。世の中のどこかには、ああいう風にメディアによって傷つけられた人がいて、俺はそれに関する仕事をしている。」


「でも、お父さんが直接的にアミを傷つけるようなことをした訳じゃないでしょ?」


「まぁそうだが......俺が言いたいのはそういう事じゃなくて、人間というのは思わぬ所で繋がってて、例え今やってる事が正しいことだと思っていても、巡り巡って誰かしら傷ついてるって事だ。」


「そりゃそうだろうけど、そんなのイチイチ気にしてたら、もはや何も出来ないよ?」


「だから、自分は『常に誰かに迷惑をかけてる』って言う認識を、忘れないで欲しいって事だ。」


「なるほど?」


「よく他の人は『誰にも迷惑をかけずに生きろ』なんて言うようだが、そんなのは土台無理な話なんだ。だったらせめて、常に誰かに迷惑をかけてるって認識を持っていて欲しい。それさえ守ってくれれば、お前はきっと他人に優しくなれるはずだから。」


「分かった。」








 アキバは大量の疲労感と共に帰宅した。家に入ると、まず酔った父親の声が聞こえてきた。


「父さん、また飲んでるのかい。」


「おぉタイヨウ! いい所に来た! お前も混ざれ混ざれ!」


「父さん、俺はまだ18だぜ? 酒は20歳になってからだろ?」


「あぁもう2年なんて誤差よ誤差! さぁ飲め!」


「いいよ、遠慮しとく。」


 アキバは荷物を持ったまま、二階にある自室へと向かった。そして部屋に向かう最中、父親への愚痴を独りごちた。


「ケッ......普段は『人様に迷惑をかけないように』なんて口酸っぱく言ってるくせに、未成年の息子に酒を勧めるなんて、マジどうかしてっぜ。」


 アキバは部屋に入るなり、自分のベッドにエナメルバッグをブン投げた。すると、その直後、ベッドから「ニャー!」という大きな声が聞こえ、アキバは背中に大量の氷柱をブッ刺された気分を味わった。


「スカル! そこに居たのか! ごめーん!」


 アキバは、さっきまでベッドで寛いでた猫に駆け寄るも、安らぎの一時を邪魔されたニャンコは怒り、アキバを無視して部屋から出ていった。


「あぁ......今日は厄日だ。」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く