栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

大きな鷹と雷の如き鳥

 帰宅後、僕はドッと疲れが押し寄せてきたように感じた。あの時、アキバ先輩と遭遇した直後、僕に告げられたのは「マキ先輩とアキバ先輩は付き合っている。」というものだった。


 取り敢えず僕はその場を「そうだったんですか、それならお2人で夕食に行かれたらどうです?」と言ってやり過ごしたが、何だか変な気分になる。


 どうして映画館で、先輩は僕に「彼女になろうか?」等と言ったのだろうか? その後すぐに冗談だと言った割には、何か本気めいたものを感じた。


「マジで意味わからん。」


 僕はちょっとだけ癖毛気味な髪をグシャグシャに搔き上げて、ベッドでのたうち回った。








「んでマキ、話って何?」


 アキバは、綺麗なレストランに入って注文を終えた後、レストランに来る前にマキに言われたことを再確認した。


「タイヨウさ......なんか最近アミって子に、勉強教えて貰ってるらしいじゃん?」


「あぁ、甲子園に出してもらうための、再テスト受かるように勉強してる補講の事ね。」


「そうそう、何であんな下級生の子に教えて貰ってるの? 別に勉強で困ったら私が教えるって言ったよね?」


「いや、そりゃ俺1人だったらそうしたよ? でも野球部のヤツら全員となったら、流石にマキでも面倒見切れないだろ?」


「なに? タイヨウは、私があの子より劣ってるって言いたいワケ?」


「違う、そうじゃない。」


「何が違うの?」


「マキに迷惑をかけたくないだけなんだ。」


「じゃあアミになら迷惑かけても良いの? 迷惑かけても良いぐらいに仲が良いの?」


「......なんか、ごめん。」


「謝んないでよ。私が悪いみたいじゃん。」


「いや、マキに嫌な思いをさせた時点で、全面的に俺が悪いよ。ほんとにごめんね。」








 僕は、休日明けの特別補講に使うためのテキストを、父親に頼んで印刷してもらった。


「なぁハヤテ、ちょっと良いか?」


「なに父さん?」


「まぁちょっと座れ。」


 僕は父に促されるままに、居間の自分のいつものポジションに座った。同時に父もいつものポジションに座り、テーブルを挟んで向かい合う形になった。


「母さんから話は聞いたぞ。」


「なんの事?」


「アミちゃんの事だ。」


「あぁ、僕も一応自力で調べて、知るべきことは知ったよ。」


「その事についてちょっと話そうか。」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く