栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

違和感と出てくる影響

 翌日、僕が登校して教室に入ると、いつも通りアミは僕より早く着いていた。


 しかし、いつも通りでは無い部分がいくつか見受けられた。そのうちの特筆すべき一つは彼女が妙に窶れていた事だ。


「ミカ......大丈夫?」


「あぁハヤテ......おはよう......」


「どっか具合でも......」


「ぃゃ......大丈夫......別に、いつも通りだよ。今日は特別補講の2日目だから......バリバリ頑張らないと。」


 アミはそう言って立ち上がろうとするも、まるで立ちくらみを起こしたかのように、膝からガクッと崩れ落ちた。


「おっとっとっと! 保健室行く?」


「......ごめんハヤテ......頼む。」








 今日の授業、それぞれの先生が口を揃えて言ったのは「あれ? アミさんが休んでるなんて珍しいね。」だった。


 それくらい『アミ』という存在が、教師陣からしてみても強大な存在だったようだ。まぁ、アミのことを口を開けば正解が出てくるマシーンか何かと勘違いしてそうな教師も居そうなものだが。


 アミの居ない授業は、まさに違和感だらけの空間と時間であった。例えるなら、インフルエンザ大流行によってクラスの3分の1が休んでしまったかのような違和感。


 『いつもならアミが答えるような難しめの発展問題』が誰一人として答えられず、教師も苦笑いしながら授業を進めていた。


 そして放課直前のホームルームにて、アミは保健室から帰還した。そして今朝よりかは幾分血色の良い顔をしていた。


「ごめん、寝てた。」


 彼女が教室に来て開口一番発したのはこのセリフだった。そこで僕らは皆、アミに向かって「今日の授業はアミが居なくて大変だった」とか「先生もアミが休んでるの珍しがってたし授業の進め方に四苦八苦してたよ」なんて言ったりしてみた。


「ごめんごめん......」


「なんでアミが謝るんだ?」


「そうそう、アミの体調不良はしゃーない事だったし、別にアミを責めてるワケじゃないよ。」


「ただ今回の一件でマジでアミの有難み知ったよな〜! な、ハヤテ? お前代わりに発展問題解かされて、そんで分からんくて四苦八苦してたじゃねーかよ!」


「ちょ、そういう事言うなよ!」


 俺らがアミの前で、面白おかしく苦労話みたいなのをしていると、段々とアミの顔に笑みが浮かんできた。


「フフッ......よかった。」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く