栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

折れた筆とグラフ理論

 静かな街の図書館に、バキッとペンをへし折る音が響き渡った。何事かと思った職員は、辺りを見回し始めた。


「ど......どうしたのアミ?」


「なんだか自分でもよく分かんないんだけど......超絶ゲキムカ......」


 ペンをへし折ったのはアミだった。図書館で一緒に友人と勉強していたのだが、いきなりアミがペンをへし折った為、友人は困惑した。


「最近なんかヤな事でもあった?」


「特には......」


「そう......じゃあ、もしかしたら女の勘ってヤツじゃない? アミの想い人が何処かで別の女の人と遊んだりしてさ......」


「まさかでしょ......こんな勉強できることしか能のない私に、色濃い色恋沙汰なんて期待しないでよ。」


「そんなもんかな? まぁいいや、話変わるんだけど、ここのグラフの問題が分かんないんだよね。ちょっと教えてくんない?」


「ん〜? どれどれ......?」


 アミが問題集を友人から借りて、問題を注視しようとした瞬間、いきなりポンポンと肩を叩かれた。


「すみません......俺ら東高なんスけど、もし良かったら勉強教えてあげましょうか?」


 アミに話しかけてきたのは、東高の制服を着たチャラめの男子生徒2人。アミは2人を見た直後「あぁ、どうせ女だから話しかけてきたんだろうな。」と彼らの表情から察して考えることが出来た。


「すみません、ありがとうございます。ここの問題なんですけど、分かりますか?」


 しかし、アミは東高の男子生徒2人を邪険に追い払うこと無く、寧ろ積極的に教えてもらおうというスタイルで行った。


「ちょっとアミ......」


「いいのいいの。で、分かりますか?」


 東高の男子生徒は、最初ヘラヘラした表情で問題を眺めていた。しかし、彼らは問題をよく読むごとに表情が硬くなっていった。


「す、すみません......分かんないです。」


「そうですか、残念です。」


 アミがそう言うと、東高の男子生徒はバツが悪そうに、その場を後にした。おおよそ彼らは「グラフの問題」という発言に「どうせXY軸に線が書かれた問題だろう」とナメてかかったのだろうが、彼女達が解こうとしていたグラフは違ったものだった。


 彼女達が解こうとしていた「グラフの問題」というのは、大学レベルの教育で出てくる、図の事をグラフと言う『グラフ理論』に基づいた問題であった。


「必要十分条件を求めろって問題か。」


「どう? 出来そう?」


「行ける。」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く