栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

甘美な気の図書委員長

「なんじゃこの字?」


「制限時間は......そうだ、もうすぐココに図書委員長が来るんだ。そいつが来るまでを制限時間としよう。」


 僕は書かれた『偃蹇』という字と睨めっこした。しかし、数秒しても分かったことと言えば、左の字の部首は人偏で、右の字はめっちゃ寒くて足が震えるみたいなアレかな? 的な下らない事ぐらいであった。


「さっき俺に『陶芸家みたいな顔』とか言ってたけど、今のお前の方がよっぽど陶芸家みたいな顔してるぜ。」


「るせー、僕は別に陶芸家みたいな顔してねーよ。陶芸家とゆーよりエンケンさんみたいな顔だろ。」


「チッ......正解だ。」


「は?」


「その字はエンケンって読む。」


「えぇぇぇぇぇ当てた気しねええええ!」


 僕が思わず馬鹿みたいにデカい声をあげると、いきなり後ろからポンポンと肩を叩かれた。


「図書室では、お静かに......ね?」


 後ろを振り向くと、そこには見知らぬ女の人が立っていた。そして、僕は今うるさすぎたんだと反省し、ひとこと「あっ、すみません。」とだけ言った。


「やっと来ましたね委員長。」


「ごめんねテツ遅くなって。」


「いえいえ......って事で、お前は委員長がココに来るまでの間にクイズに答えられた。後で詳細送っておくよ。」


「すまんなテツ。」


「あ、テツ、またクイズしてたの?」


「まぁ......趣味ですから。」


 テツは少し恥ずかしげに委員長に話した。図書委員長、綺麗な人だ。アミとは違った美しさがある。


 たぶん年齢は2つくらいしか違わないのだろうけど、何処か大人の余裕というか、妖艶な雰囲気を射干玉のような黒髪から漂わせている。


「じゃあ僕はこれで。」


「待って。」


「はい?」


「あなた......アレでしょ、最近1年生の中でも特に目立ってきてるアミさんと、よく一緒にいる子でしょ?」


「は、はぁ......アミが目立ってるかどうかは知らないですけど、まぁアイツとはよく一緒に居ますね。」


「ふぅん......付き合ってるのかしら?」


「ば、そ、そんなワケないじゃないですか! アミはただの友達ですよ! 友達!」


「ふふっ......それなら良いのだけど。あと、最後にもう一度言っておくわね。」


「はい?」


 委員長はその細長い人差し指を、ゆっくりと唇に当て、その妖艶な雰囲気を漂わせながら甘ったるい声で話した。


「図書室では......お静かに......ね?」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く