栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

再開と彼女の謎の謝罪

 高校に入り、彼女と再会した。最初はどう接したら良いか分からなかった。


 僕だけ一方的に覚えていて、あっちが覚えてなかったらどうしよう、とか色々考えた。


 しかし、いざ話しかけてみると、彼女は気さくに話してくれた。そして中学の陸上記録会での出来事も覚えていてくれた。


 そして彼女は何故か僕に謝った。ワケを聞くと「勉強に集中し過ぎるあまり、無愛想な対応をしてしまって悪かった。」との事だった。


 僕は「いや全然全然。僕も暇だったんで丁度良かったっすよ。」なんて言ったりして、場を和ませた。


 僕は彼女と仲良くなるにつれて、色んなことを知った。彼女の勉強没頭癖と、温度変化に非常に弱いのは生まれつきであること。

 そして彼女は昔から本の虫であり、そんな彼女を見た彼女の両親は、彼女の飽くなき知識欲を満たすために、書斎兼彼女の一人暮らしの部屋を一つ借りたこと......などなど。


 知れば知るほど彼女が物凄い存在であることが分かった......と同時に、これだけ知ってもまだ彼女に関することは氷山の一角だけかもしれないと思った。


 しかし、僕は自分から無理に聞くスタイルは取らなかった。そんな野暮な事はしたくない。


 彼女が話したい時と、僕が知りたい時が一致した時だけ、彼女に関することを教えてもらう。そんな関係。








 翌日、僕がいつも通り登校し、いつも通り、下足箱で靴を履き替えると、いつも通りでは無いイベントが起こった。


ハヤテ!」


 僕の名を呼ぶ方向に目をやると、そこには好事家の美華ミカが立っていた。


「なんだ......ミカか。」


「なんだとは失礼ね! なんだとは!」


「なんか用?」


「聞きましたよ〜......結構長いことアミと仲良くやってるそうじゃないですか〜......」


「それがどうした?」


「どうしたもこうしたも! いやはやアナタは朴念仁ですか? 男女が長いこと仲良くしてるということは......」


「なんだ? 僕の色濃い色恋沙汰でも期待してるのか? それなら期待に添えないぞ。」


「まぁまぁ、そう隠さなくても〜!」


「隠すも何も、そもそもアミは恋愛対象じゃない。飽くまで友達。」


「ほほ〜? 飽くまで男女間の友情だと?」


「そうだ。スクールゴシップのネタ集めは余所でやんなさい。俺はなんにも火種なんて持ってないから。」


「はぁ......つまらない男。」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く