栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

記憶と部屋の整理整頓

 私はゆっくりと目を覚ました。そしてハヤテのお母さんの顔を見て、何故かドッと安心感が溢れてしまった。そして同時に涙も目から溢れてしまっていた。


「辛い過去だったわね......」


 私は無意識下で、ハヤテのお母さんの質問に受け答えしていたらしい。そして私が見た手紙、それに書かれてた事こそが、私がこの記憶を消せないままでいる最たる理由だ。


「私は手紙に書かれてた通り......生きる為に彼を......彼を......食べたんです......」


「アミちゃん......貴女の事は新聞の記事で昔読んだわ。遭難者であった貴女を無事に救助して、その後会見で色々なことを聞かれたのでしょう?」


「はい......記者の人たち......その時のカメラのフラッシュが......未だに忘れられなくて......」


「新聞では貴女が彼を食べた事も追求してわね......それを記事に書いてたって事は、貴女かなり質問攻めに遭ったのでしょうね......それを幼い時に経験したばかりに、深い傷が......」


 私はその場で泣き出し、顔に手を当て下を向いた。そのときハヤテのお母さんは、すかさず私のことを抱きしめてくれた。


「大丈夫......大丈夫よ。」


「すみません......こんな情けない姿......」


「いいのいいの。」








「う〜〜〜〜ん......」


 僕はアミの寝床に関して、どうしたものか悩んでいた。僕の家は大して大きな家じゃなく、僕と母と父のそれぞれの部屋+生活する為に必要な部屋くらいしか無く、彼女に寝て貰えるような場所はリビングくらいしか無いのだ。


「リビングに寝てもらうのはなぁ......」


 エントロピー増大の法則に基づき、僕の家は大して片付いちゃいなかった。人間、片付ける努力をしなけりゃ、ドンドン部屋は散らかってく。


 ただ、生活できないというレベルまでは酷くはない。生活できることには出来るが、本来寝るスペースとして認識してないから、いろいろ家具を移動したり、片付けないといけない感じなんだ。


「仕方ねぇ、片付けるしかねぇか。」


 僕は布団1枚ぐらい敷けるスペースを確保し始めた。テーブルやら棚やらをチョコチョコ動かし、床に落ちてる使いっぱなしの家電やらも片付け、何とかアミが寝れる状態を確保した。


「日頃から片付けてりゃ良かったな......」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く