栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

雪山での遭難した過去

「じゃあ取り敢えず、深く腰掛けて。そこからゆ〜っくり深呼吸して......まずは心を落ち着かせる事からはじめましょう。」


「はい。」


 私は最大までリクライニングされたイスに座り、言われた通りゆっくり深呼吸し始めた。


「目を閉じて、スーッと力を抜いて。」


「はい......」


「眠るぐらいのスタンスで、ゆーっくり落ち着いて。今から少しづつ質問していくから、素直に一つ一つ答えてね。」


「はい......」


「貴方のお名前は?」


「アミ......」


「貴方には今何が見える?」


「山......雪山......。」


「そこは寒い?」


「はい......とても寒い......」


「そこには何が?」


「小さな小屋......そして......」


「そして?」


「そして......そして......」








 それは遠い......とても遠い......でもハッキリと刻まれた記憶。雪山で遭難した私は、ある青年と出会っていた。


「お嬢ちゃん、大丈夫かい?」


「さむい......」


「取り敢えず中に入ろうか。」


 私は雪崩が原因で家族と離れ離れになり、青年は転落し仲間と離れ離れになったと話した。そして出会った私たちは外界へ連絡する術を持たず、偶然見つけた古い山小屋に身を預けるしか無かった。


「取り敢えず、3日分の食糧と水はあるから、ここで救助を待とう。」


「待つんですか......?」


「な〜に、心配は要らないさ。3日もすれば救助だって来てくれる。それに今外に出ていく方が寧ろ危険だ。ここは辛抱のときだよ。」


「なるほど......。」


 しかし、実際に救助隊が駆けつけたのは、予想の10倍の1ヶ月後であった。私はその間、もはや思い出したくもない、壮絶な体験をした。


 3日分の食糧と水、かなり頑張ってチビチビ消費したが、結局1週間しか持たせられなかった。水は外から雪を持ってきて溶かして作れたが、食糧の不足はどうしても補えず、極限の飢えを体験した。


 飢えは肉体だけでなく精神をも蝕み、私は悲観的になって行った。しかし、青年は自分が食べるのを止めてまで私に食糧を分けてくれ、更に彼の方が食べてないはずなのに、いつも笑顔で私を励ましてくれた。


 遭難生活が3週間半ばを迎えた辺りで、彼は私が寝てる間に自殺していた。彼は最後まで私に気を使わせないため、そして私を生き残らせるために1つの手紙を残していた。

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く