栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

彼女と一つ屋根の下で

「ただいま〜。」


 と、言いながらいつも通り僕は玄関の扉を開ける。しかしながら、一つだけいつもとは異なるポイントがある。


「お邪魔しま〜す。」


 そう、今夜はアミと共に、自宅へと戻ってきた。何故このような事態に至ったかは、数十分前の話になる。








 ミカと別れた後、僕達はいつも通り、自宅の最寄りへと向かう電車に乗った。


 そこでアミと『今朝具合が悪かった理由』について話していた。


「実は......定期的に実家に帰るようにしてるんだけど、実家に帰る日に限って、何故か悪夢を見るんだよね。」


「悪夢?」


「うん......悪夢、と言うより、過去のトラウマを夢で見ると言った方が分かりやすいかも。」


「なるほど?」


「それで中々休眠出来なくて、朝フラフラだったの。保健室で寝て回復したから大丈夫だったけど。」


「なるほどね。」


「一人暮らししてる部屋に帰れば、悪夢は見ないんだけど、それでは多分根本的な解決にならないような気がするの。いつまで経っても悪夢にビクついて実家に帰れないのは問題があるような気がして。」


「うんうん。」


「どうしたらイイかなって悩んじゃって。」


「じゃあ俺の家に来る?」


「えっ?」


「いや別に変な意味で捉えて欲しくないんだ。俺の母さんが睡眠とか夢とかの研究してるんだけど、もしかしたらアミの力になれるかもしれないかなって思って。」


「なるほどね......」


「アミさえ良ければ力になれるかも知れない。」


 アミは顎に手を当てて、静かに熟考し始めた。まぁ男友達の家に夜お邪魔するとなっては、はいそうですかと二つ返事で行くワケにもならないだろう。







 そして今に至る。意外にも彼女は僕の家に来ることに対して、大きな躊躇いは見せなかった。


「......というワケなんだ。母さん、どうかアミの悩みを解消してくれないか?」


「なるほどね......悩み解消まで行けるかどうかは分からないけど、やれるだけやってみる。」


「よろしくお願いします。」


 母さんはアミを連れて、自室に入って行った。いつもなら、馬鹿みたいに叫んで帰宅できたことを狂喜乱舞するのだが、アミが問診を受けてる近くで、バカ騒ぎは出来ない。


 仕方なく、僕は「うわあああああ!」って叫ぶのをマジ我慢して、ベッドにポーンと身体を放り投げた。

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く