栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

天才少女が一つ物申す

「先輩、よく考えてください。先輩達が練習参加OKの条件として出された『欠点者向け再テスト』の合格......再テストまで約1ヶ月。その1ヶ月を頑張れない人間が、甲子園出場まで頑張れると思いますか?」



「あぁん??」



「先輩、落ち着いてよく考えてください。この1ヶ月......もしこの『たった1ヶ月』を頑張ったなら、先輩は恐らく受けた再テストが受かっても落ちても『俺は1ヶ月頑張れたんだ』と考えられるハズです。

でも、もし仮にこの『たった1ヶ月』すら頑張れなかったなら、先輩は恐らく受けた再テストが受かっても落ちても『俺は1ヶ月も頑張れなかった』と考えるハズ。

要は、向かうべき目標の結果では無く、過程こそ大事なんです。勿論、テキストの模範解答を機械的に丸暗記すれば、先輩が欠点になった科目は受かるかもしれない。

でもそれでは意味が無いんです。それはまた『誤魔化してる』だけ。『分かったつもり』で終わらせてるだけ。

その誤魔化しを、先輩は甲子園への練習の時も、卒業して会社に就職した後も、これから先ずっとずっと続けていくおつもりですか?」



「......」



「確かに、学校で勉強する事は社会に行ってから使わないかもしれない。先輩が言うように勉強するなんて意味が無いのかも知れない。

でも、学校で勉強するという行為の過程にある『物事を考える』というのは、社会に行ってからも充分使うし、その為の訓練でもあるのです。だからそういった面では、こういう勉強も案外役に立つんですよ?」



 アミは僕が回収したテキストの山から、ある一つのテキストを拾い上げ、ソレを少しパラパラとめくってみた。



「例えばアキバ先輩用に作ったこのテキスト。アキバ先輩は最初、数学がダメだとアンケートで回答していました。そこで1回目の補講にて等差数列を試しに出してみたのですが、分からなかったようで、何が分からないのか書き出して下さってました。

そこで私が、女性の胸のカップ数を例に『胸のカップ数はAカップが初項10で、大きくなる度に公差2.5の等差数列になってるんだよ』とイメージしやすい例を手がかりとして与えてみた所、なんと今回は等差数列の問題アッサリ解けてしまっています。

別に巫山戯てなどいなくて、これは『数字とアルファベットを並べただけ』という取っ付きにくさを、私なりに取っ払ってみただけです。

でもアキバ先輩はそれによって、ニガテをちゃんと克服している。ケンジ先輩も、アキバ先輩みたいにニガテに勝ちたくは無いですか?」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く