栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

二度目の補講の終わり

 ミカと僕は、補講が終わるまで少し駄弁り、補講が終わったタイミングで2人一緒に教室の中に入った。


「あれミカ、どうしたの?」


「ちょっと一枚噛ませてもらいたいんだってよ。一応この件に首突っ込むなら最後までって約束させといた。」


「なるほど。それじゃあテキスト回収するのミカも手伝ってよ。」


「分かった。」


 僕は2人でテキストを全員分回収して回り、回収し終えると同時に、野球部の先輩達は終わりの礼の準備に入った。


 しかしその瞬間、1人だけ立たない者がいた。他の野球部の先輩達や、僕達は不思議そうにその先輩を見た。


「アミさん......申し訳ないが、この『特別補講』に意味を見いだせねぇ。」


 その先輩がそう言った瞬間、隣で話を聞いていたアキバ先輩が、その先輩に詰め寄った。


「おいケンジ......それどういう事だ?」


 アキバ先輩の低くドスの効いた声が教室の空気を支配した。僕達が少し気圧される中、アキバ先輩とケンジ先輩だけが対等な圧力を掛け合っていた。


「どういう事もこういう事もねぇよ。俺はこの『特別補講』ってヤツに意味を見いだせねぇんだ。今日で二回目だが、ニガテな問題を何遍も解かされて、しかも模範解答ナシと来た。やってられっか。」


「俺達は直ぐに模範解答を見て、それで分かった気になって終わらせていた。でも分からないという事そのものを気づかせてくれた、この『特別補講』は良い機会じゃないか。」


「アキバ......お前はいつからそんな教師じみた事を言うようになったんだ?」


 ケンジ先輩とアキバ先輩は睨み合った。そこにお互いが手を出してしまわないように、他の先輩達が2人を抑えたり、間に入って距離を取らせたりした。


 まさにちょっとした刺激があったなら、直ぐに2人がケンカでも始めかねないような、そんな一触即発の時、鶴の一声が飛んできた。


「私は別に! ......構いませんよ。」


「あぁ?」


 鶴の一声を放ったのはアミだった。そのアミの声に対して、ケンジ先輩は蛇のような目付きで視線を送った。



「私は別に構いませんよと言ったのです。究極的な話をすれば、先輩達がどうなろうと私の知ったことではありません。

この特別補講を途中で抜けようが、一人で勝手に勉強しようが、私は別に構いませんよ。先輩達を拘束する権力もありませんからね。」



「ほぉ。じゃあ帰らせてもらおうかな。」


「でも、一つだけ言っておきます。」


「なんだ?」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く