栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

生意気な情報屋気取り

「僕を何にも知らないバカとでも思ってた? 情報屋気取りはミカだけじゃないんだよ。他にも居るんだよ他にも......ね。」


 僕はふと、その『情報屋気取り』について思いを馳せた。この学校イチくそ生意気なアイツを。








 僕が初めてソイツに出会ったのは、アミと一緒に学校の図書室に行った時だ。


 アミが貸出禁止の鈍器レベルにブ厚い本に目を通している間、僕は最近流行りのライトノベルが新しく入ったと聞いて、それを探していた。


 その瞬間だ。あのクソ生意気な『情報屋気取り』が俺の目の前に現れたのは。


「ちょっといいかい、俺もその本、借りたいんだけど。」


 まさに僕が目当ての本を手に取った瞬間、ソイツは僕に話しかけてきた。


「あぁ......そうなんですか。でも僕もこの本借りたくて......それに一応手に取ったのは僕の方が先ですし......」


「譲らない......とでも?」


「いえ別に......ただ永遠にこの本が僕のものになるというワケではありませんし、一週間もしたら貴方は借りれるじゃないですか。なんなら貸出カウンターで予約しておけば良いじゃないですか。」


「ヤダよ、めんどくさい。」


 僕は内心ムッとした。ただ、これ以上こんな奴の為に時間を割きたく無かったので、ここは自分が大人になって本を貸してしまおうと思った。


「それならどうぞ借りて下さい。今回はお譲りしますよ。」


 その瞬間、ソイツは口角をグニャリと曲げた。僕は最初「そうですか、どうもどうも。」とイヤらしく、そして素直に借りてくかと思ったが、ソイツは俺の予想の斜め上を行く言葉を発した。


「ヤダなぁ、それをされたら、まるで俺が君からその本を奪ったようじゃないか。」


「は?」


「だからちょっとした勝負をしよう。」


「勝負?」


「怎麼生。」


「は?」


「だーかーら『怎麼生』だよ。これからナゾナゾを君に出題するのさ。そのナゾナゾに勝ったなら、ソレを借りれば良いさ。でも、もし答えられなかったなら、俺がその本を借りる。」


「はぁ......なるほど......別にナゾナゾくらい構いませんよ。」


「では改めて。怎麼生。」


「えーと、どう答えたらいいんだ?」


「そんな事も分からないのか? 怎麼生と言われたら説破と返すのが常識だろう?」


「では、説破。」


「最初は4本足、次は2本足、最後は3本足。さて、この生き物は何でしょう?」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く