栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

彼女が見た悪夢と過去

「アミ......アミ......」


 どこかから私の名を呼ぶ声がする。周りにはとても濃い霧が立ち込めていて、数メートル先も見えない。


「アミ......アミ......」


 しかし、確実にどこかから私の名を呼ぶ声がするのだ。前か? 後ろか? 右か? 左か? そもそもこんな霧の中で前後左右などという概念は通用するのか?


 私が取り留めもなく、よく分からない方向に進んでいくと、いきなりシャッター音と共に、大量のフラッシュが霧の世界を照らした。


 私は背中じゅうが大量の蟻に噛まれたような感覚がし、そしてその噛まれた箇所から異様な寒気がするのを感じた。


 私は怯え、そして竦んだ。その場にしゃがみ込んだ。歯をカチカチ鳴らして、両腕で自分の肩をしっかり抱いて、ブルブル震えて動けなくなった。


 そして、一瞬にして霧は晴れ、視界が開けた先には、あの日のあの場所があった。


 怖気が私の心の深淵から這い出てくるのを感じた。まるで人の形をしているかのように、深く暗い私の心の奥底から手を伸ばし、私の意識の表層へと這い出てくる。


 俗物達が、まるで私を食い荒らしていくかのように......そして後ろを振り返れば、私の心に深い傷を残した、あの場所が悠々と聳え立っていた。


 まるで私の背後が感じていた寒気の原因が、そこ・・から吹き荒ぶ冷気であったかのように、それは裏付けとして存在していた。








「......ミ......アミ! アミ!」


「うわあああああ!」


 私は、私の呼ぶ声で目を覚ました。とてつもない叫びと共に。


「大丈夫......?」


「お母さん......」


「また悪夢?」


「うん......」


「随分と魘されてたから、そうじゃないかと思ってね......」


 チラリと壁掛け時計に目をやると、針は4時を指し示していた。


「ごめん、こんな真夜中に起こしちゃって......私のために起きてくれたんだよね......もう大丈夫......少し疲れてただけだから......」


 私はフラフラとベッドから起き上がり、ボーッとする頭に少しずつエンジンをかけていった。


 週に何回かは、一人暮らししてる部屋では無く、この実家に帰ってくる。しかし、この実家に帰ってくると、高確率で悪夢を見るのだ。


「暫くここに帰ってくるのやめたら?」


「ちょっと検討してみる......」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く