栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

夕食と添削と問題作り

 僕らは、また駅ビルに行って夕食を食べた。その後、空いた皿を下げてもらって、そこで今日先輩達が解いた問題の添削に取りかかった。


 僕は彼女から渡された『添削用の模範解答』を見ながら丸とバツを付けていく。


 終わり次第彼女に渡し、彼女は添削済みのソレを確認しながら、先輩達が分からなかった問題に、次分かるようにする為の『ヒント』のようなものを書き込んでいく。


 そして彼女は同時進行で、先輩達が普通に間違えた問題には、恐らくこう考えて間違えたんだろうという推論を書き、正しい箇所には肯定的に、間違い原因となったポイントを分かりやすく、コメントとして書き込んでいく。


 普通の人なら、添削してる僕の方が速くて、彼女の横に添削済のテキストの山が出来上がると思うだろう。しかし、実際には違う。


 彼女は僕と同等のスピード、もしくはそれ以上のスピードでコメントの書き込みを進めていく。


 ただマルバツ付けてる僕と同等以上の速さだ。ホントに彼女は頭の回転がレベチなのだと実感させられる。


「よし......僕のマルバツ作業はこれでおしまい。はい、これ最後のやつ。」


「ありがとう。ハヤテ、ちょっと悪いんだけどさ、ティラミス注文してくれない?」


「お、了解。ちょうど俺も小腹空いてきたし、俺もなんか頼むわ。」


 俺は店員を呼ぶスイッチを押し、店員にティラミスとチキンを追加注文した。


 そして、その店員が厨房へと行くのとすれ違って、とある顔見知りがコッチに向かってきた。


「こんばんはお二人さん。」


「おぉミカ、お前も僕らみたいに、夜メシ食いに来たのか?」


「そ。普通に一人で来たんだけど、席に案内される直前に、あんたら二人の事見つけたから『あそこの席に友達居るんで、そこに合流するんでいいです。』って言って来ちゃった。」


「なるほどね。」


「何してたの?」


「あぁ、野球部の先輩達に頼まれて、学力向上のための特別補講を組んであげたの。それで使ったテキストの添削。」


「へぇ〜、なんか面白そうなことやってんね。学校新聞の記事のネタにしていい?」


「ん? 僕は別に構わないけど、アミは?」


「私も構わないわ。但し、ちょっとした条件だけ付けさせてもらうよ。」


「条件?」


「貴方だけが利益を得るような片利共生的な協力ではなく、お互いの利益になるような相利共生的な協力をすること。
私を出し抜こうなんて考えないことね。」


「わ、分かったよ。」


「おっけー。交渉成立だ。」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く