栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

彼女との最初の出会い

 彼女と出会ったのは二年前の事だ。僕は彼女と初めて出会った瞬間、僕の脳に電撃が走ったのを覚えている。


 真夏のあっっつい日なのにも関わらず、長袖を着て萌え袖にし、マスクをつけて顔がよく見えないようにし、そしてなんと、毛布を膝にかけていたのだ。


 まぁ一応、部屋の冷房は効いていたのだが、その冷房は別に効き過ぎという訳でもなく、至って適温だと僕は感じていた。


 僕と彼女が初めて出会った場所、それは中学二年生の夏の、陸上記録会の日だ。


 僕はその日、短距離走の走者として走る予定だったのだが、アップ中に不覚にも捻挫をし、保健室へと担ぎ込まれた。


 その時保健室にいたのが彼女だ。その陸上記録会は僕の通っていた中学のグラウンドで行われ、普通に他校の生徒たちも出入りしていた。彼女も他校の生徒だった。


 もちろん選手だって僕の中学の選手のみならず、他校の選手だって出場していた。


 僕が初めて違和感を感じたのは、彼女がどう見ても選手では無かった事だ。


 この日、この保健室を使うのなんて、怪我した選手ぐらいなものだろうと勝手に決めつけていた僕は、何故彼女がこのような季節外れの格好で居るか分からなかった。


「すみません......捻挫しちゃって。」


「どれ......見せて。」


 僕は保健室の先生に処置してもらってる間も、異様な存在感を放つ彼女に気がいっていた。


「この怪我じゃ記録会は無理ね。どうする? ここで休んでいく?」


「そうします......」


 僕は彼女の横に座った。すると僕は面食らうことになった。なんと彼女は、この日、この場所で勉強していたのだ。


 実際は勉強と言えるが分からないが、当時の僕からしてみれば、何やら難しそうな本を睨みつけて、何かをノートに書き込む行為は、勉強以外の何にも見えなかった。


「勉強してるんですか......?」


 僕は訪ねた。しかし、彼女から返答は無かった......いやホントは5分後にあった。しかし、この時の僕は無視されたように感じた。


 5分後、いきなり彼女は口を開いた。


「そうよ。勉強してるの。あと、勉強中は集中してるから返答が遅れるわ。決して無視してるワケじゃないから。ゴメンなさいね。」


「な、なるほど......どこの中学ですか?」


 5分後。


「西よ。生徒全員で応援なんて馬鹿げてる。私が温度変化に弱いの知ってるのに。」


 その後、この奇妙な5分インターバル会話は夕方まで続いた。

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く