ゼロからはじめる島津大河誘致

郭隗の馬の骨

第44話 奇跡の兆し

さて、フウイはヤマト級のインフルエンサーの一番弟子である人物とあいさつをかわしました。
実に静かな、穏やかな、当たり障りのないあいさつでした。
それに対して一番弟子の方の返礼は時に礼儀正しく、時に親しみや元気を与え、さすが人の機微に詳しい業界にいる御仁だとフウイは感じた。
さらにいえば、何か人を引き付けるオーラのようなものを文章から感じた。
2回ほどでしょうか、そうしたやり取りをして無事ひと段落つきました。
もし相手がさらに話を広げたらこちらもさらに説明しようとしましたがそれはやめておきました。
なぜなら、相手がなれなれしいと考えたら折角の出会いが台無しになる、フウイはそう考えました。
彼としては,少しづつネットや都城での自分たちの評判をあげ、次の機会を待ってさらなる説明と協力をお願いしようと考えていました。
さて、フウイは心を落ち着かせたところで一番弟子のことを知るべくまずはツイッターを見ました。
彼は芸能人ということで東京の話題が多いかと思えばそうでもなく、むしろ宮崎のローカルな話題をネットにあげていました。
次にウィキペディバ(検索百科)を調べました。
正直驚きました。
内容がとても多いうえに超一流芸能人でテレビを見る人なら知らぬ者なしの複数の人たちと絡みがあるのです。
また、そうした有名人から高い評価を受けていることもこの時知りました。
さらに芸能人にとどまらずその活動はあらゆる分野に及びマルチな才人でした。
ツイッターの写真だけ見ていると食事レポートのお笑い芸人のようにフウイには見えたのですがとんだ勘違いでした。
なるほど、一番弟子、しかも一人しかいないとWIKIで説明されるだけのことはある、すごい人物だ。
フウイは関心もしましたが一方であいさつの後に一気に話をしなくてよかったとおもいました。
やはりもっと有名になり信頼を得てから再度機会があるときに話をするのが正解だろう。
奇跡を起こす、一流の人物に応援を願い協力を取り付けることはまだ先のことかもしれないがその兆しが出来た、フウイは安心しました。
彼は一呼吸置いた後またパソコン画面に戻り。都城、宮崎、島津、、、、とキーワードを検索して情報を集め、関心のありそうな人物を特定し、その人も特性に応じて文章を考え交流を深めるという彼の好みの行動を黙々と始めたのでした。
一方そのころ祭り之介はツイッターで都城のとある人とツイートをしていました。
それは都城、ひいては日本の将来にとつて重要な話でした。
続きは次回に。

「ゼロからはじめる島津大河誘致」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く