ゼロからはじめる島津大河誘致

郭隗の馬の骨

第12話 鬼策 炎上商法

フウイは慎重な人物だった。それは裏を返せば過激な方法を思いついても選ばないことを意味する。
今回は彼の頭に浮かびそして却下した方法となぜ却下したのかを説明しよう。
彼が思案したのはずばり炎上商法である。具体的にはN国党の話題、支持者、アンチのいる場所を狙い片っ端から主張を宣伝するというものであった。それも過激な要求の形でNHKに島津義弘を大河ドラマに押し付けるという方法だった。
もし、この方法をとれば認知度は抜群に上がり、この運動自体が熱意をもって行われある意味効率的に進んだかもしれない。事実巨大な組織に立ち向かうというシチュエーションはネット民の一部にとっては魅力的であった。
そして、話題が大きくなれば少し時間をおいて南九州の地域も挙兵するがごとく参加人数を増やし一気に雌雄を決する。そのように考えてもいた。
もちろん勝敗は時の運、兵家の常でありうまくいかないリスクは存在した。
だが、彼がこの方法をとらなかったのは成功率が低いからだけではなかった。
孫子は道(つまり味方全体が1つであれば勝ち、別れれば負ける)と諭していた。
もし、ネット民が怒りに任せ、南九州の人々がその姿に唖然とすれば大河ドラマの実現どころかお互いの関係がこじれることになる、そしてNHK側はかたくなな姿勢をとるのは自然なことであった。
そしてフウイは彼を知り己を知れば百戦危うべからずを実践したいと考えていた。この彼とは必ずしも倒すべき敵ではない。交渉で相手が飲める条件を出して味方に出来るのであればその方がわだかまりを持って大河を放映するよりも関係者がみんなで幸せになれるというものである。
その条件とは大河放映前にネット世論を味方につけいだてんの教訓から学ぶことである。もし史上初ネットでの誘致活動成功ということであればネット民も面目が立つだろうとフウイはと考えていた。
この構想においてやはり弱点となるのは南九州であった。シナリオとしては地元で運動が広がりそれを見てネット民が助っ人となる。このシナリオがベストだとフウイは望んでいた。
なぜならフウイの中では島津義弘は「一所懸命」の体現者で自分の地は自分で守るというのがテーマの一つであろうと考えていたからだ。それを彼らの子孫たちが実践しないとネット民が見なした場合この計画は成り立たない。さすが薩摩隼人とネット民を納得させる必要があるのだ。
とはいえ祭り之介の立場もわかる。彼もまた援軍が必要であり、今のままでは地元の無関心という無実の敵に負けてしまうのだ。
スタートとゴールはおぼろげながら見えている。あとはその間に立ちはだかる山をどうやって抜けるかだ。フウイはさらに思考に沈み工夫の一手を探し始めた。

「ゼロからはじめる島津大河誘致」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く