ー月曜日ー 裏道カレイド

ノベルバユーザー399011

エピローグ

 
 ◆ウラ◆


「あーあ、みんな帰っちゃったね」


 ミラーハウス内に残された左右で色の違う靴を履き、うららはご機嫌だった。


「ふふ、わたしほどの幽霊だとね、大人の姿にだって変身できちゃうんだから。カチドキレンジャーのホラガイホワイトにだって、楽勝なのよ! かくれんぼは私の勝ちね! 最後までバレなかったもの!」


「そうだね。さすがはうらら。君には誰もかないっこないよ」


 優しい声をした男性が、小さい少女の頭を撫でる。


「ま、友達も増えたし、いっか。ね、くろさん、こむさん」


 まだ幽体を維持できないのだろう。首からロープをぶら下げた体と、腹に穴が空いた体が、少女の後ろで蠢いている。
「これでもう、寂しくないだろう、うらら」


  茶色いコートの男性が、カメラを手にして笑った。






 次第に、警察が廃墟の遊園地に集まってきた。
 明けない夜はないとでも言うように、
 ひび割れた乾いた土に水が染み込むように、
 夜の世界だった廃墟に光が、人が入り込んでくる。


 ミラーハウスのひび割れた鏡が、警察官の姿を、光を、命を、まるで万華鏡のようにバラバラに、美しく、飾る。
 その様を見守る4人の幽霊たちは、新たな来訪者に興味津々だ。




「さ、みんな。この人たちも一緒にさ、何して遊ぼっか?」




 裏道カレイド…………完。






火曜日へ続く。









「ー月曜日ー 裏道カレイド」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く